【食】 じゃがりことさけるチーズで作る「じゃがアリゴ」(2019年4月号)

女性トレンドニュース
2019 Vol.23
【食】 じゃがりことさけるチーズで作る「じゃがアリゴ」(2019年4月号)
(左) じゃがりこチーズ(カルビー) 、雪印北海道 100 さけるチーズ プレーン(雪印メグミルク)
(右) じゃがアリゴを実際に作った様子
1月28日に料理研究家のリュウジさんがツイートし、あっという間にツイッターで人気となった料理「じゃがアリゴ」。チーズとジャガイモを使うフランスの郷土料理、アリゴをイメージして作られている。
「じゃがアリゴ」は、スナック菓子「じゃがりこ」に「さけるチーズ」を裂き入れ、熱湯を注いで混ぜるだけで簡単に作れる。溶けたチーズが伸びるため、混ぜながら作る楽しみが感じられるほか、粘り気のある食感で味もおいしいと評判だ。SNS上では、「じゃがりこ」各種で作った様子や、ベーコンやたらこなどを足して作るアレンジレシピなども投稿されている。
INSIGHT
コンビニでそろえられるシンプルな材料で、簡単においしく作ることができる。作る際にチーズが伸びる楽しさを感じられ、撮影すればSNS投稿向きの面白さを併せ持つことも魅力だ。

昆虫食

食糧問題の救世主 昆虫の加工食品に注目
コオロギパスタ揚げ この商品の20%はコオロギです。:840円(税込・TAKEO)
【掲載誌】  
Mart、ELLE gourmet

【ターゲット】
20~40代

【詳細/背景】
タンパク質が豊富な昆虫は食糧問題の解決策として、今、世界的に注目の食材。海外の高級スーパーでは、すでに加工商品が販売されている。日本でも、コオロギを乾燥し粉末状にしたものを使ったスナックやクッキーが「普通のお菓子と変わらない」「おいしい」との声が。ネットショップで購入可能で、今後さらに取扱店が増える予感。
Google 検索結果
検索ワード:昆虫食
選考者の声:昆虫を食べるなんて気持ち悪い…と思っていたけれど、パッケージはおしゃれだし、スナックタイプもあっておいしそう。栄養もあるので食べてみたい。

ライスジュレ

小麦に負けないおいしさを実現!幅広く使える米由来の新素材
ライスジュレ300g:540円(税込・ヤンマー)
【掲載誌】  
FYTTE

【ターゲット】
20~40代

【詳細/背景】
農機具メーカーのヤンマーが開発したお米と水だけでできたペースト状の新素材食品。これまでの米粉に比べて増粘・保水性が高く、もちもち・しっとりとしたおいしいケーキやパンが作れると話題に。シチューやカレーなどのとろみづけにも利用でき、小麦アレルギーに悩む人やグルテンフリー食の人に広がる気配。ライスジュレを使ったコラボ商品も増加中だ。
Google 検索結果
検索ワード:ライスジュレ
選考者の声:市販の米粉パンは添加物が多く、小さい子どもに与えるには抵抗があるママもいると思う。増粘剤などの代わりに使われると、商品の安全性が高まってうれしい。

しびれ鍋

舌にピリピリくる刺激がたまらなくクセになる!
写真はイメージ
【掲載誌】  
ELLE gourmet

【ターゲット】
20~40代

【詳細/背景】
ピリピリとした“舌がしびれるような” 刺激のある味わいの鍋を指す。味付けの主役は、中国料理のスパイス・花椒(ホワジャオ)。柑橘系を思わせる爽やかな香りと苦味の刺激が融合した独特の風味が話題だ。豆腐やキノコなどあっさり系から、牛モツやパクチーなどパンチの効いたものまで幅広い具材にマッチ。激辛からさらにひねりの効いた“辛味ブーム” の進化系だ。
Google 検索結果
検索ワード:しびれ鍋
選考者の声:“しびれ”というネーミングにそそられます!舌にピリピリくるけど刺激は唐辛子ほど長く続かないとのことなので、激辛が苦手な私でも食べられそう。

レモンライス

レモン風味が効いた黄色いご飯 インド料理のニューカマー
Lemon Rice TOKYO サイト
【掲載誌】  
ELLE gourmet

【ターゲット】
20~40代

【詳細/背景】
南インドの家庭料理で、ターメリックなどのスパイスとインディカ米、レモン果汁、ナッツを炒めたもの。2018年8月に東京・渋谷にレモンライス専門店「Lemon Rice TOKYO」が登場し、行列ができる人気店に。レモンの香りと酸味が食欲をそそり、カレーやチキンとも相性抜群。ソースや具材の組み合わせでアレンジも広がるため、飲食店や手作り派にも注目度大。
Google 検索結果
検索ワード:レモンライス
選考者の声:鮮やかな色味がかわいくて、赤や緑の食材を入れるとインスタ映えしそう。レモン風味でシンプルな味付けなので、スパイスやナッツ、ドライフルーツをミックスして作ってみたい。

スターバックスリザーブロースタリー

世界5番目のスタバ高級店舗 ラボのような店内でひきたての味を
スターバックス リザーブ ロースタリー中目黒店
【掲載誌】  
ViVi

【ターゲット】
20~50代

【詳細/背景】
2019年2月、日本初のスターバックス リザーブ ロースタリーが東京・中目黒にオープン。焙煎工場を併設し、高品質で稀少なコーヒーの提供をコンセプトとする同店は2014年にアメリカ・シアトルに1号店がオープン。世界で5店舗目となる中目黒店は話題になること必至。世界的建築家の隈研吾が手がけたラボのような店内、ここでしか味わえないフードも注目。
Google 検索結果
検索ワード:スターバックスリザーブロースタリー
選考者の声:昨年から知っていて、オープンを楽しみにしていました!世界で数店でしか飲めないコーヒーを試してみたい。オリンピックスタジアムの建築家による店舗も興味津々。

モクテル

お洒落な雰囲気はそのままに カクテル風ノンアルドリンク
写真はイメージ
【掲載誌】  
ELLE gourmet

【ターゲット】
30~40代

【詳細/背景】
ロンドンで流行し、世界中に人気が広がりつつあるノンアルコールカクテル。モク(真似た・見せかけの)とカクテルを組み合わせた造語で、見た目をカクテル風におしゃれに仕上げるのがポイント。アルコールが苦手な人も雰囲気を味わいながら楽しめることから、提供するバーやレストランが増加中。ネットでは手作りのアレンジ法も多数紹介されている。
Google 検索結果
検索ワード:モクテル
選考者の声:最近、ビール以外のおしゃれなノンアルドリンクがちらほら出てきましたね。見た目がおしゃれなだけでなく、味もおいしいとまたオーダーしたくなります。
※Google 検索結果は、Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています

本記事は、1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事です。無料で閲覧いただけます。

HERSTORY REVIEW WEBでは、掲載が1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事をWEBにて無料公開しています。過去にご紹介した様々な企業様の取り組みや商品開発、女性トレンド、多様な女性ニーズの傾向などのバックナンバー記事を掲載しています。最新の女性マーケットやトレンド情報を知りたい方は、HERSTORY REVIEWをお申し込みください。

HERSTORY REVIEWを詳しく見る

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーをトレンドセットでお届け!!

2020年11月の女性消費者キーワード「脱コロナ奮起 塗り替え消費」

HERSTORY REVIEW vol.40(2020年11月号)

税込5,000円

今年もあと2ヵ月。見通しの立たない不安感から高まるコロナ経済復興への意識。全国265人男女へのアンケート調査から見えてきたのは、助け合い、励まし合う相互扶助を求める気持ち。また、"コロナで始まりコロナで終わらせたくない"といった自分を奮い立たせる動きから、来年までにポジティブな気持ちに塗り替えるような消費者インサイトが見られました。HERSTORY REVIEWをお申し込みいただくとセミナー&調査データが無料でついてきます!!ぜひご覧ください。

女性視点マーケティング&トレンドレポート 『HERSTORY REVIEW』

女性トレンドを掴むならこれ1冊あればOK!女性マーケット最新情報を毎月お届け

HERSTORY REVIEW 定期購読のご案内

月払い 税込5,000円/月 /
年間一括払い 税込54,000円/年

HERSTORY REVIEWがあれば、もう女性のトレンド情報を探し回る必要はありません! 毎月、女性消費者トレンドとマーケットの動きをお届けします。
女性たちのリアルライフを知ることはお客様視点に立つ第一歩。最新の女性消費行動を知るため、ニーズをつかんだ商品開発のため、また社内研修などにもご活用いただけます。

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。