【美容】デジタルアートで体と心を癒やす 「LUSH SPA」(2019年11月号)

女性トレンドニュース
2019 Vol.30
【美容】デジタルアートで体と心を癒やす 「LUSH SPA」(2019年11月号)
8つのカテゴリー別に、女性雑誌・新聞・SNS・TV・アプリなど、
85メディアの情報から今話題になっている商品やサービスをピックアップ
キーワードが選定されるまで
1.キーワード選定

毎月85メディアに掲載の情報を在宅ワーカーがデータ入力し一括 化。複数メディアに掲載されている上位の商品・キーワードを掲載 候補にピックアップ。

2. 予測確認
グーグル検索で類似ワードが上昇傾向にあるかを確認し、今後 さらに注目や関心が広がる可能性があると思える動きをしてい るワードかを判断する。

3. 定性確認
オピニオンリーダー的な女性4名によりステップ2であがった予測 情報が、周囲での話題、SNSやクチコミの兆しがみられるかを参考 意見として集める。

4. 編集部決定
上記の3ステップの結果から、最終は編集部で内容確認し、他の 情報の動きなどと合わせて総合的な判断で掲載を決定。
今キテる! トレンドレポート:美容

デジタルアートで体と心を癒やす 「LUSH SPA」

LUSH SPA 公式サイト

「LUSHSPA」は、コスメティックブランド“LUSH(ラッシュ)”のトリートメントスパ。

香りやハーブティーなどを使った従来の10種類の施術に加え、
光や音楽も駆使したデジタルアートで演出する新たなスパ空間が新宿店内に8月にオープンし、女性たちの関心を集めている。

コンサルテーションによって、“なりたい気分”に合わせたトリートメントで気持ちの変化までサポートするケアも。

施術時間は25分から。
INSIGHT

今までにない非日常的なトリートメントに深く癒やされる。
頑張った自分へのご褒美にも良い。

【縮毛専用ヘアケア】熱で癖毛を扱いやすく。新発想のヘアケア剤

エッセンシャルflatくせ・うねりメンテナンスシャンプー:900円(税別・花王)

掲載誌 
日経クロストレンド

ターゲット
20代~40代

詳細/背景 
2019年10月、花王から発売される癖毛用ヘアケア商品。

癖毛に悩む人の多くがドライヤーなどの熱器具を使用することから、熱を加えると扱いやすくなる成分を配合。

前日の使用で寝ている間に浸透し、癖毛を直しやすくなる。毎朝の癖毛に悩むニーズは多く、発売前から話題だ。


選考者の声 
私自身は直毛だが、妹が癖毛でボリュームがあり、ヘアケアが大変だと言っているので、すすめたいと思った。

【夜はちみつダイエット】はちみつを夜1杯とればOK。ホルモンを分泌させてヤセ体質に

書籍「人生を変える夜はちみつダイエット」:1300円(税別・わかさ出版)

掲載誌 
日経ヘルス

ターゲット
20~50代

詳細/背景 
寝る前にスプーン1杯のはちみつを摂取するダイエット。

脂肪を消費する成長ホルモンの分泌を促進するのは糖質。

成長ホルモンは寝ている間に分泌されるため、血糖値が急上昇しにくい糖質である
「はちみつ」が有効という。

寝る前に摂取するだけでヤセ体質になれると話題。


選考者の声 
ダイエットだけでなく、質の良い睡眠も得る効果もあるそうで、寝る前の空腹対策にも良さそう。

【ディフェンセラ】飲むスキンケア商品。日本初の“トクホ”で体内から潤う

オルビス ディフェンセラ ゆず風味30包:3200円(税別・オルビス)

掲載誌 
クロワッサン

ターゲット
40~50代

詳細/背景 
オルビスから2019年1月に発売された、飲むスキンケア商品。

肌の水分を逃しにくくする機能が実証され、スキンケアでは日本発の特定保健用食品として注目だ。

米胚芽由来の成分によって、肌の乾燥を防ぐ効果が期待できる。

ゆず風味のパウダータイプなので続けやすいと評判。


選考者の声 
飲むスキンケアはいろいろ出ているけど、トクホ商品なら効果がありそう。
クチコミの評価も高いので興味津々。

【ニュアンスヘア】自然な毛流れを生かして軽やかな印象が◎

掲載誌 
Marisol

ターゲット
40~50代

詳細/背景 
毛先の毛量を調節して動きを出したヘアスタイル。

ストレートも巻き髪も、自然な毛流れで軽やかな雰囲気や空気感を持たせるのがポイント。

ショートからロングまでアレンジは幅広い。

ボリュームが少なくなりがちな、アラフォー以上の女性が取り入れ始めている。


選考者の声
作り込んでいない素髪のようなゆるさが魅力的。
自然な毛流れを生かせるから、伸ばし中でも取り入れやすい!

今月の女性トレンド選考員

MTさん 年代:30代/結婚:既婚/子ども:2人(1才、年少児)
<近況>
12月まで家族の誕生日が毎月あり、クリスマスも入れてケーキざんまいになるので、
いろいろとリサーチ中。Instagramで見た似顔絵ケーキが気になってます。


KIさん 年代:30代/結婚:既婚/子ども:2人(小1、中1)
<近況>
ストレッチスリッパを購入。
底が高くカーブしているつくりなので、履くと姿勢が不安定になり、自然と体幹が鍛えられる。下半身の筋力アップに期待大。


JIさん 年代:40代/結婚:既婚/子ども:1人(大2)
<近況>
筋トレアプリ「30日スクワットチャレンジ」のメニュー、
体幹トレーニングの「プランク」を実践中。どんな運動よりおなかが引き締まってオススメです!


YSさん 年代:50代/結婚:既婚/子ども:1人(大3)
<近況>
消費税アップをきっかけに光熱費を見直し、電力会社をLooopでんきに変更。
お得なだけでなく自然エネルギー普及を目指している点も好感度大。

85メディア情報元
VOCE、ViVi、JJ、SPRiNG、25ans、Sweet、MORE、with、Oggi、CLASSY、PRESIDENTWOMAN、日経WOMAN、日経DUAL、Mart、ESSE、リンネル、nina's、como、サンキュ!、LEE、日経ヘルス、InRed、VERY、CHANTO、LDK、暮しの手帖、Veggy、STORY、美ST、東洋経済、ELLEgourmet、婦人公論、からだにいいこと、GLOW、毎日が発見、ミセス、MyAge、サライ、HERS、日経おとなのOFF、Eclat、婦人画報、家庭画報、おとなスタイル、クロワッサン、大人のおしゃれ手帖、ためしてガッテン、リビング誌、オレンジページ、ハルメク、ゆうゆう、通販生活、和楽、東京カレンダー、kodomoe、きんゆう女子。、AllAboutマネー、PRESIDENTOnline、RoomClip、LIMIA、macaroni、MERY、クックパッド、LOCARI、@cosme、インスタグラム、twitter、その他女性向けアプリ、女性向けキュレーションサイト、各社新聞、テレビ番組など
Google 検索結果は、Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています

関連記事

本記事は、1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事です。無料で閲覧いただけます。

HERSTORY REVIEW WEBでは、掲載が1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事をWEBにて無料公開しています。過去にご紹介した様々な企業様の取り組みや商品開発、女性トレンド、多様な女性ニーズの傾向などのバックナンバー記事を掲載しています。最新の女性マーケットやトレンド情報を知りたい方は、HERSTORY REVIEWをお申し込みください。

HERSTORY REVIEWを詳しく見る

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーをトレンドセットでお届け!!

2020年12月の女性消費者キーワード「サステナブル意識消費」

HERSTORY REVIEW vol.41(2020年12月号)

税込5,000円

この1年で布マスクやエコバッグなどが広く普及し、女性消費者たちは一気にサステナブル意識を高め、SDGsへの認知も広がってきました。2021年に向けてサステナブル意識が大衆的な行動になってくる動きが見られることから、企業側にもサステナブル活動やSDGsへの取り組みが今後求められるでしょう。2021年に向けた12月の女性消費者動向は「サステナブル意識消費」に注目です!

女性視点マーケティング&トレンドレポート 『HERSTORY REVIEW』

女性トレンドを掴むならこれ1冊あればOK!女性マーケット最新情報を毎月お届け

HERSTORY REVIEW 定期購読のご案内

月払い 税込5,000円/月 /
年間一括払い 税込54,000円/年

HERSTORY REVIEWがあれば、もう女性のトレンド情報を探し回る必要はありません! 毎月、女性消費者トレンドとマーケットの動きをお届けします。
女性たちのリアルライフを知ることはお客様視点に立つ第一歩。最新の女性消費行動を知るため、ニーズをつかんだ商品開発のため、また社内研修などにもご活用いただけます。

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

Related Articles

関連する記事

Related Keywords

関連するキーワード