【TREND NEWS】青森/コーヒー好きの県で成長するカフェ文化/韓国/ミレニアル世代に人気「ニュトロレストラン」etc(2019年3月号)

女性トレンドニュース
2019 Vol.22
【TREND NEWS】青森/コーヒー好きの県で成長するカフェ文化/韓国/ミレニアル世代に人気「ニュトロレストラン」etc(2019年3月号)

【地域】青森

めざせコーヒー消費量No.1! カフェ文化成長中
青森県民はコーヒー好きが多い。2016年の青森県のコーヒー年間消費量は全国11位だが、缶コーヒーやペットボトルなどのコーヒー飲料の消費量は全国1位だった。つまり青森県のコーヒー好きは缶コーヒーを飲むことが多く、挽き立て・淹れたてのコーヒーを味わう機会が少ないとも言える。

そこで2016年から全国のコーヒーショップやロースターが大集合する「AOMORI COFFEE FESTIVAL」というイベントが青森市で開催されている。「青森のコーヒー文化をより高め、おいしいコーヒーをもっと広める」がテーマのこのイベントには40店舗以上の出店があり、コーヒー好きの女性たちで賑わっている。
チョコレートの風味が優しいイタリア・トリノ生まれのアレンジコーヒー『マロッキーノ』が青森でも味わえる
イベント効果もあるのか、青森市内では買い物の帰りにふらっと寄りたくなる小さなコーヒーショップが続々とオープンしている。店内では挽き立て・淹れたての「ドリップコーヒー」だけでなく、インスタ映え抜群の「マロッキーノ」や青森ならではの「津軽味噌キャラメルのカプチーノ」などを提供する店舗もあり、休日だけでなく平日の午後もまったりとした時間が流れている。
蒔苗 正子
The企画エルサーチ株式会社
代表取締役
青森県青森市橋本3丁目21-14

【地域】沖縄

地元の雰囲気を楽しむ、せんべろセットが大ブーム
沖縄では赤ちょうちんを掲げた大衆居酒屋がブームになっていて、数年前までは珍しかった立ち飲みのお店も増えてきた。そんな中、いろいろなお店で登場したのが「せんべろセット」。元々は「千円でベロベロになるまで酔える」というせんべろだが、沖縄では、お酒数杯とおつまみのセットとして広がっている。
せんべろセットのある店は、牧志公設市場付近に多く、近隣だけで50店舗以上。牧志公設市場を訪れた観光客に千円で数杯楽しみつつ、その間にお店の雰囲気も味見してもらい、気に入ったら長居してもらおうという試みだ。数千円あれば何軒かハシゴ酒が楽しめるとあって、地元民にも好評。眺めていると、せんべろを楽しんでいる人の割合は半々くらいだろうか。

お店のデザインが水色で統一されていて異国的な雰囲気の「Si nada(シ ナーダ)」や、オシャレな雰囲気で牛ステーキ等のグリル料理が楽しめる「KEMURI」など、女性にオススメできる店も増えてきている。雰囲気を楽しみたい時や、がっつりハシゴ酒を楽しみたい時、地元の人と話をしてみたい時にも、せんべろセットのあるお店を訪れてみてはいかがだろうか?
せんべろセットのあるお店にはオシャレな雰囲気のお店もあり、女性の常連さんも少なくない
タカバシ ショウヘイ
旅と酒と美味しいもの、そしてコミュニケーションが好きな沖縄在住のブロガー。チェコ親善アンバサダーとしても活動中。
https://lunches.jp/

【海外】ニューヨーク

タブーを打ち破れ! 女性のための地下鉄広告
ニューヨークの地下鉄広告に、近年、ちょっと「刺激的」な革命が起きている。きっかけは、2018年ニューヨーク州都市交通局(MTA)が、ある女性向け性玩具ブランドの広告掲載を拒否したこと。これに、バイアグラなど男性向け医薬品を販売する「hims」が声をあげた。すでに自社広告を同地下鉄で展開していた「hims」は、女性向け商品の拒否を「差別的」と非難。後にMTAは、広告規定を見直す姿勢を見せた。
そして現在、地下鉄広告を賑わせているのが、同年10月に同社が立ち上げた姉妹ブランド「hers」。女性の健やかなライフスタイルをテーマに掲げ、避妊薬や不感症の薬などをオンラインで取り扱う。通院がはばかられたり、堂々と性知識を入手できない環境にいたりする女性がターゲットだが、それまで公共での話題としては避けられがちだった商品を、ニューヨーカーの足である地下鉄で堂々と掲げること自体が斬新だ。
ナチュラルかつ素朴な写真広告を打ち出す「hers」。なりたい自分を楽しめるライフスタイルを提唱する。
「性を恥ずかしがるなんてダサいのよ」と言わんばかりの、スタイリッシュなデザインの広告が、世の女性を奮い立たせている。
南あや
生活情報紙「ウイークリー NYジャピオン」編集部。ロサンゼルスとボストンでの生活を経て、2016年よりニューヨーク在住。趣味は美術館巡りとおいしいもの探し。

【海外】パリ

風味の違いも魅力。ご当地コーラブーム継続中
フランスでも炭酸飲料売上げNo.1のコカ・コーラだが、2000年初頭、2人のフランス人がコーラ革命ののろしを上げた。ブルターニュ産オリジナルコーラ「BreizhCola(ブレーズ・コーラ)」の誕生である。
郷土愛が人一倍強いブルターニュ地方で生まれたこのコーラは、当初ブルターニュとロワール・アトランティック地方のみでの販売であったが、その後誕生したパリ発「Parigo Cola」「Paris Cola」に対抗すべく、大都市にも進出を果たした。ブルターニュ地方では炭酸飲料の約10%のシェアを獲得し、ペプシコーラを抑えて第2位となる大健闘ぶりである。また「Breizh ColaLight」でつかんだ女性向け市場を拡げるべく、アイスティーやレモネードなどの清涼飲料水も展開し、今もその勢いは衰えない。
パリの土産物店にも登場しているご当地コーラと、ニューフェイスのロワール地方産「Loire Cola」
これに負けじと他の地域や地方でも次々にオリジナルコーラが誕生し、コルシカ島の「Corsica Cola」やサヴォア地方の「Alp’Cola」を始め、現在では400種類あまりにも及んでいる。
観光みやげと言えばワインやチーズ等の名産品が定番だが、ご当地オリジナルコーラが仲間入りする日もそう遠くなさそうだ。
星野 結花
1992年よりフランス・パリ在住。百貨店での日本人顧客担当チーフ職を経て、現在は日本の衣食住をフランスに発信すべく、フリーランスとして活動中。

【海外】韓国

ミレニアルを引き付ける「ニュトロレストラン」
韓国では、古くて新しいスタイルの「ニュトロ(new+retro)レストラン」にミレニアル世代が熱狂している。レトロな外観でありながら、メニューはアメリカ・香港・日本などのトレンドを取り入れた新しい料理を楽しむことができる。その時代を生きてきた中高年の懐古を狙ったものではなく、あくまでターゲットは20代を中心とした若年層。新しいものがあふれた環境に、ある種の疲労を感じているミレニアル世代にとって、「ニュトロ」なものは、気を張り詰めなくて良い安心感や満足感をもたらしているという。2001年に公開された映画『新旧(チング)』のヒットから現在に至るまで、ドラマや音楽、ファッションなど様々なジャンルで「復古(ポッコ:レトロの意味)」ブームが形を変えつつ続いており、ニュトロレストランもその流れを汲んだものである。
益善洞の「椿洋菓子店」で人気のスフレパンケーキは18,000ウォン(約1,800円)
昔ながらの町並みが今なお残る益善洞(イクソンドン/ソウル特別市)エリアは、カフェやレストランが立ち並び、韓国ドラマやテレビCMにもよく登場するなど、ニュトロを感じることができるスポットとして注目されている。
濱野 圭介
TNCアジアトレンドラボ・リーダー。アジア7ヵ国で収集した、2018年を振り返る「アジア・トレンドランキング」をWEBサイトで発表しています!
http://tnc-trend.jp

本記事は、1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事です。無料で閲覧いただけます。

HERSTORY REVIEW WEBでは、掲載が1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事をWEBにて無料公開しています。過去にご紹介した様々な企業様の取り組みや商品開発、女性トレンド、多様な女性ニーズの傾向などのバックナンバー記事を掲載しています。最新の女性マーケットやトレンド情報を知りたい方は、HERSTORY REVIEWをお申し込みください。

HERSTORY REVIEWを詳しく見る

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーをトレンドセットでお届け!!

2020年11月の女性消費者キーワード「脱コロナ奮起 塗り替え消費」

HERSTORY REVIEW vol.40(2020年11月号)

税込5,000円

今年もあと2ヵ月。見通しの立たない不安感から高まるコロナ経済復興への意識。全国265人男女へのアンケート調査から見えてきたのは、助け合い、励まし合う相互扶助を求める気持ち。また、"コロナで始まりコロナで終わらせたくない"といった自分を奮い立たせる動きから、来年までにポジティブな気持ちに塗り替えるような消費者インサイトが見られました。HERSTORY REVIEWをお申し込みいただくとセミナー&調査データが無料でついてきます!!ぜひご覧ください。

女性視点マーケティング&トレンドレポート 『HERSTORY REVIEW』

女性トレンドを掴むならこれ1冊あればOK!女性マーケット最新情報を毎月お届け

HERSTORY REVIEW 定期購読のご案内

月払い 税込5,000円/月 /
年間一括払い 税込54,000円/年

HERSTORY REVIEWがあれば、もう女性のトレンド情報を探し回る必要はありません! 毎月、女性消費者トレンドとマーケットの動きをお届けします。
女性たちのリアルライフを知ることはお客様視点に立つ第一歩。最新の女性消費行動を知るため、ニーズをつかんだ商品開発のため、また社内研修などにもご活用いただけます。

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。