【健康・運動】冷え防止+腰やおなかのツボを刺激する「ツボ押し腹巻き」(2019年1月号)

女性トレンドニュース
2019 Vol.20
【健康・運動】冷え防止+腰やおなかのツボを刺激する「ツボ押し腹巻き」(2019年1月号)
コイルテック 腰ツボはらまき:6,800円(税込・コイルテック)
寒くなる季節、女性の体調に影響しやすい冷えを防止する腹巻きに、ツボ押し機能がついたものが人気だ。腹巻きの裏側に指圧ボールや医療用コイルが付いている。腸や腰のツボが刺激されることで温熱効果のアップや、血流・リンパの流れの改善、腸の働きの活性化などが期待できる。腹巻にイラストでマッサージガイドがついているものもある。指圧ボールなどが取り外し可能なものもあり、使用したい状況に合わせられる。
INSIGHT
身に着けているだけで、おなかを温めるだけでなくプラスアルファの効果が期待できることでお得感を得られる。

PMDD対策

月経前のメンタルに不調専門外来で適切な対策を
写真はイメージ
【掲載誌】
からだにいいこと

【ターゲット】
20~40代

【詳細/背景】
月経前のホルモンの変化により、激しい気分の落ち込みや情緒不安定などが起こるPMDD(月経前不快気分障害)。一般的な生理前の体調不良、月経前症候群(PMS)よりもメンタル症状が強く、日常生活に支障をきたして悩む女性も多い。病名の普及で婦人科などでの受診が増えそう。
Google 検索結果
検索ワード:月経前不快気分障害
選考者の声
私自身、病院に行くほどではないけれど、生理前のイライラが強くなる月も。周りにも悩んでいる人が多い。

乳酸菌B240

タイの伝統発酵茶から発見摂取することで感染症予防に効果が
写真はイメージ
【掲載誌】
日経ヘルス

【ターゲット】
30~40代

【詳細/背景】
タイの伝統的な発酵茶「ミヤン」から見つかった植物由来の乳酸菌。この菌を摂取することで免疫力を上げる効果があることが近年の臨床試験でわかった。食中毒や風邪、インフルエンザなどの感染症予防の効果が期待され、現在販売されている商品は少ないが、今後は増加の見込み。
Google 検索結果
検索ワード:B240
選考者の声
乳酸菌成分が入った飲料やゼリーで風邪予防になるのはうれしい。手軽に取り入れられそう。

スタンフォード式疲れない体

お疲れママもすぐに実践できる名門大学直伝の疲労回復本
書籍「スタンフォード式 疲れない体」:1,500円(税別・サンマーク出版)
【掲載誌】
CHANTO

【ターゲット】
30~50代

【詳細/背景】
スタンフォード大学でアスレチックトレーナーを務める著者による疲労回復メソッド本。目の筋膜ほぐし、呼吸法など1日のすきま時間に取り入れるだけで、疲労予防や疲労がすぐに解決できる方法が満載。健康維持のための時間が取りにくい、忙しいママたちにも注目されている。
Google 検索結果
検索ワード:疲れない体
選考者の声
簡単にできるのに、科学的根拠に基づいているので信頼できますね。習慣化して疲れない体を手に入れたい。

記憶力を維持するガム

もの忘れが気になる中高年に朗報どこでも食べられる記憶維持ガム
歯につきにくいガム 記憶力を維持するタイプ:140円(税別・ロッテ)
【掲載誌】
婦人公論

【ターゲット】
40~50代

【詳細/背景】
中高年の、言葉や図形を覚えたり思い出す能力を維持したりする効果が期待できるイチョウ葉エキス配合のガム。イチョウ葉を使用したサプリや食品は出回っているが、菓子では珍しく、簡単にどこでも食べられる点が魅力。歯につきにくく中高年もかみやすいため、持ち歩く人が増えている。
Google 検索結果
検索ワード:記憶力を維持するガム
選考者の声
ガムをかむだけで記憶力が維持できるなんて簡単でいいですね。衰えがちなかむ力も鍛えられそう。

本記事は、1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事です。無料で閲覧いただけます。

HERSTORY REVIEW WEBでは、掲載が1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事をWEBにて無料公開しています。過去にご紹介した様々な企業様の取り組みや商品開発、女性トレンド、多様な女性ニーズの傾向などのバックナンバー記事を掲載しています。最新の女性マーケットやトレンド情報を知りたい方は、HERSTORY REVIEWをお申し込みください。

HERSTORY REVIEWを詳しく見る

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーをトレンドセットでお届け!!

2021年2月の女性消費者キーワード「5大SNSを使い分ける女性たち LITFY『リトフィ』は生活必需ツール」

HERSTORY REVIEW vol.43(2021年2月号)

税込5,000円

コロナ禍を境に、明らかに「モノの価値から目に見えない情報が価値」の時代へと変わりました。
女性たちにとってSNSは、すでに生活必需ツールとして浸透しています。
今回は女性たちは5大SNSをどのように目的別に使い分けているのか、消費者とSNSの在り方に注目しました!

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。