【美容】鼻のメイク崩れをひと塗りでお直し 「ノーズリメイクジェル」

女性トレンドニュース
2019 Vol.28
【美容】鼻のメイク崩れをひと塗りでお直し 「ノーズリメイクジェル」
OTASUKE COSME ノーズリメイクジェルOC:1080円(税込・pdc)
鼻周りのメイク崩れを素早く直せる「ノーズリメイクジェル」がInstagramなどのSNSで話題になっている。pdcのメイク直し用コスメ「OTASUKE COSME」シリーズで、メイクの上から直せる手軽さが評判となり、2019年3月1日の発売以降、高い人気を集めている。鼻周りのメイクはテカリや毛穴落ち、乾燥などのトラブルが多く、デートや商談前に気付いて慌てる女性も多い。そうした女性から「外出の際には欠かせないアイテム」と熱い支持を受けている。
INSIGHT
気になったときにメイクの上からさっと直せることがうれしい。1000円(税抜)というプチプライスも魅力的。

ミニコスメ

安く試せるのがうれしい かさばらず持ち運びに便利
インテグレート プチクレヨン アイブロウ ミニセット:540円(税込・資生堂)
【掲載誌】
Mart

【ターゲット】
20~40代

【詳細/背景】
近年、各コスメブランドから続々と発売されているミニサイズの化粧品。通常サイズだと、化粧ポーチがかさばりがちだが、小さいポーチで持ち歩けるのが魅力。通常サイズと中身は同様のため、手頃な価格で試せることも人気。コンビニで手軽に購入できるものもあり、利用者が増えている。
Google 検索結果
検索ワード:ミニコスメ
選考者の声:口紅やアイシャドーなど、購入してからなかなか減らないものも多い。ミニサイズだといろいろ試せて良い。

S/PARK

試して学んで味わえる資生堂の“美”の総合施設
S/PARK サイト
【掲載誌】
Mart

【ターゲット】
20~40代

【詳細/背景】
2019年4月、横浜にオープンした資生堂の研究開発拠点。入場無料の体験型複合施設でもあり、主要ブランド商品を試せるコーナー、洗顔やスキンケアなど6つのカテゴリー別の体験ができるミュージアム、野菜中心の食を提案するカフェなどを完備。美容テーマパークとして注目だ。
Google 検索結果
検索ワード:エスパーク
選考者の声:自分の肌に合わせてオリジナル化粧品を処方できるのが楽しそう。資生堂パーラー運営のカフェも行ってみたい。

サブスクスキンケアサービス

月額1万円のスキンケア 定額制のIoT美容サービス
Optune サイト
【掲載誌】
日経クロストレンド サイト

【ターゲット】
30~40代

【詳細/背景】
資生堂が2019年7月に開始した、スキンケア定額利用サービスが話題。アプリでリアルタイムの肌状態を分析し、専用IoTマシンから最適なスキンケア剤を抽出してくれる。月額利用料は1万円(税別)で、専用マシンとカートリッジ化粧材を配送。忙しい女性に拡大の可能性あり。
Google 検索結果
検索ワード:Optune
選考者の声:季節や体調によって肌の状態が全然違う。お店に行かず、自分の肌に合った化粧品を使えるのはうれしい。

透明感の出る暗髪

黒より軽くて透明感があるブルー系 40代以上で今注目の暗めヘア
写真はイメージ
【掲載誌】
美ST

【ターゲット】
40~50代

【詳細/背景】
若い世代で明るめヘアが増える中、40代以上は落ち着いた暗めトーンに移行する人が増加中。髪にうるおいやボリュームが減少する世代は、明るいカラーだとパサつきが目立ち、老けて見られがち。真っ黒ではなく「ブルージュ」と呼ばれる、透明感のある青みがかったカラーがトレンドだ。
Google 検索結果
検索ワード:ブルージュ
選考者の声:黒より軽く茶色よりイキイキして見える青みカラーが新鮮!髪にツヤも出て若々しく見えそう!
※Google 検索結果は、Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています

女性視点マーケティング&トレンドレポート 『HERSTORY REVIEW』

女性トレンドを掴むならこれ1冊あればOK!女性マーケット最新情報を毎月お届け

HERSTORY REVIEW 定期購読のご案内

月払い 税込5,000円/月 /
年間一括払い 税込54,000円/年

HERSTORY REVIEWがあれば、もう女性のトレンド情報を探し回る必要はありません! 毎月、女性消費者トレンドとマーケットの動きをお届けします。
女性たちのリアルライフを知ることはお客様視点に立つ第一歩。最新の女性消費行動を知るため、ニーズをつかんだ商品開発のため、また社内研修などにもご活用いただけます。

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーを3大セットでお届け!!

2020年9月の女性消費者キーワード 「気にかけ合う身近消費」

HERSTORY REVIEW vol.38(2020年9月号)

税込5,000円

緊急事態宣言が明けてからの人々の日常活動の復活によって、再び、感染者増加。 秋から冬にかけては年中行事やイベント事も多い季節となります。感染防止行動の中、季節感を取り入れた消費喚起ができるのか。秋の消費傾向をレポートにまとめました。今月号からHERSTORY REVIEWをお申し込みいただくとセミナー&調査データが無料でついてきます!!ぜひご覧ください。

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。