【TREND NEWS】日本国内の各地、海外のトレンド最新情報などを現地からレポート!(2019年8月号)

女性トレンドニュース
2019 Vol.27
【TREND NEWS】日本国内の各地、海外のトレンド最新情報などを現地からレポート!(2019年8月号)
国内海外の話題・最新トレンドNEWS
国内各地域・世界の各国で活躍する会社や個人の方が地元で起こっている最新の話題をレポートします。
新しい視点、動き、ヒントになる着眼点もたくさんあります。興味があればぜひ現地に飛んで、実際に目で足で確認してみましょう。

【地域】山形

身 近 な 和 漢 植 物「 紅 花 」を 取 り 入 れ る 女 性 が 増 加 中!
40~50代女性の間で、血液の巡りを良くし、冷えや婦人科系のトラブルを改善したいと「紅花」を継続的に利用する人が増えている。乾燥紅花を緑茶や紅茶に浮かべ、薬膳の紅花茶のように楽しんでいるのだ。
きっかけは昨年からの薬膳・和漢植物ブームだが、他にも「上山市内のホテル『古窯(こよう)』のロビーで紅花茶を飲んだ」、「つや姫の炒り玄米と紅花をブレンドした『紅しずく』を道の駅で見かけて購入した」などが動機として挙がっている。『紅しずく』は2016年に県内の女性モニター 200名と共同開発されたペットボトル飲料が利用しやすいティーバッグで再発売されたものだ。
体に良いといわれるものが次々とブームになるが、地産品は自分と同じ風土で育っているので相性がいいはずと考える女性は多く、続けやすいのも魅力。
地元の道の駅や産直で手に入り、漢方薬局やネットで購入するより価格も手頃。乾燥紅花は和え物やサラダのトッピング、浅漬けなどの彩りなどとしても利用できる。平成31年1月24日に日本農業遺産として山形県最上川流域が農林水産省から認定を受け、さらに関心を集めそうだ。
(画像上)乾燥紅花は10g1080円。
(画像下)ティーバッグは6包入り497円でラベルデザインも地元女性がプロデュース
沼田 幸代
山形在住20年。
メルマガ、子育て・料理など暮らしのアイディアを中心に執筆。
地域情報を発信するフリーペーパーにも携わるフリーランスワーカー

【地域】広島

にぎわい誘う、老舗呉服店から転身の古民家カフェ
広島市内から車で1時間、音戸町は平清盛が開いた瀬戸内海有数の航路がある町。その町の車道から一筋入った通りにある築130年の古民家カフェ、天仁庵がにぎわいを見せている。店内は古い金庫、中庭の池など落ち着いた雰囲気。土日になれば予約が必要なほどの人気店だ。店を切り盛りしているのは4代目社長と5代目専務の数田さん親子。初代から呉服店を営んでいたが、2012年に店舗を改修しカフェとして生まれ変わった。店内の一角には生活雑貨や衣類が並び、昔からのお客様のために和装小物をそろえ、着物のお手入れも行う。
 古めかしかった呉服店を古民家の魅力を最大限に生かしつつ改修し、外観のデザインにこだわったが、2階ギャラリーは古い建具もそのままだ。天仁庵はベビーマッサージの教室や展示会が開かれるなど地域内外の交流の場にも利用され、今では県外からの来客も。「先祖の残したものを大切にし、地域の人が豊かになるように共有したい」という先代の意思を継いだ数田氏の思いが、新しさに飽きた女性たちの心をつかんだのだろう。通りには新たな雑貨店などもオープン、天仁庵はにぎわいの拠点となりつつある。
カフェ併設のセレクトショップには、こだわりの雑貨と食品が並ぶ
しっくい壁にガラスをはめ込んだ外観
大山 磨紗美
趣味は味噌づくり。親子活動などを通じて各家庭に手前みそづくりを広めるのが夢。
地域づくりの実践を目指すプラットフォーム“ひろしま里山・チーム500”に所属、活動中。https://misokko.localinfo.jp/

【海外】カンボジア

英語でIT技術を教える、倍率25倍の難関大学
カンボジアの大自然の中のリゾート地、キリロムにある日本人が理事長を務めるキリロム工科大学。学費・生活費無料の全寮制大学で、カンボジアでの倍率は25倍の難関大学だ。4年間の英語による実践教育でビジネス界のトレンドを即時導入し続けている。また、大学内ではリゾート設備の建設や、酪農、農業にも触れる事ができ、机上の勉強だけでなく「グローバルに生き抜く力」を身につける。今年の春に同校を訪れた際、とても印象に残ったのは、学生の笑顔と礼儀正しさ、そして常に上を向き、世界に挑もうとす カンボジアの大自然の中のリゾート地、キリロムにある日本人が理事長を務めるキリロム工科大学。学費・生活費無料の全寮制大学で、カンボジアでの倍率は25倍の難関大学だ。4年間の英語による実践教育でビジネス界のトレンドを即時導入し続けている。また、大学内ではリゾート設備の建設や、酪農、農業にも触れる事ができ、机上の勉強だけでなく「グローバルに生き抜く力」を身につける。今年の春に同校を訪れた際、とても印象に残ったのは、学生の笑顔と礼儀正しさ、そして常に上を向き、世界に挑もうとする。
キリロム工科大学の理事長、猪塚武氏。「キリロムからボトムアップ型の社会変革を起こせる人材を送り出したい
小林 由佳
「人生をデザインする」株式会社glowship
最高執行責任者。
海外渡航は30か国以上で海外の新しいトレンドを発掘し、様々なメディアで発信する海外情報コーディネートを得意とする。
http://glow-ship.com/

【海外】スペイン

世界中が注目。美食の街、サン・セバスティアン
 スペイン北東部フランスの国境近く、バスク地方で世界中のグルメたちや料理のプロが集まり「美食の街」として人気なのが、サン・セバスティアン(バスク語ではドノスティア)。バスク料理とガストロノミー(美食)の文化があり、ミシュランの星付きレストランの宝庫である。三ツ星レストラン「アケラレ」は、旧市街から車で約15分の高台にあり、海が見える立地で見た目と味、五感を楽しませてくれる。レストランだけでなく、バーや宿泊施設もあり、ゆったりと食を楽しみたい人にも人気の店だ。
 サン・セバスティアン旧市街地で有名なのが、「バル」である。多くのバルが点在しているため、バル巡りをする人が多い。お皿に並べられたピンチョス(=串料理。最近は小皿料理もピンチョスと呼んでいるそう)選びも楽しいし、店ごとの名物メニューをオーダーするのもよいだろう。微発砲ワイン「チャコリ」はピンチョスと一緒に楽しむのがバルでのスタイルの一つ。立ち飲みのバルやゆっくり味わうリストランテも多いので、その日の気分で使い分けるのがおすすめだ。
三ツ星レストラン(画像上)とバル巡り(画像下)。両方を楽しめるのが「美食の街」の醍醐
上野 律子
魅力ぶらんど代表
女性視点ブランドコンサルタント
広島県広島市西区
http://longlife-brand.com/

【海外】韓国

台湾発、じんわり甘い黒糖入りドリンクが大人気!
 韓国では今、台湾発の「黒糖」を使ったドリン ク が 流 行 して い る 。当 初 は 日 本 同 様 タピオカの人気と見たが、こちらでは「黒糖」側に 注 目 が 集 ま る 。黒 糖 ラ テ 、黒 糖 ミ ル クティーなど各チェーン店が今年の4月ごろより一斉に関連の新メニューを発売開始した。
なぜ、黒糖なのか。その理由として、「台湾への観光の増加」、「今までにない味」、「ビジュアルの良さ」の三点が挙げられる。台湾への韓国人旅行者は2015年の年間約66万人から、2017年には約105万人まで伸び、台 湾 の 文 化 は よ り 浸 透 し た 。黒 糖 も そ の 一つ で あ る 。さ ら に 韓 国 に お い て こ れ ま で 黒糖があまりポピュラーでは無かったことから、ドリンクを通じて「新しい味」として広ま った 。提 供 カップ も 各 店 舗 お し ゃ れ な も のが 多 く 、ミ ル クの 白 に 黒 糖 が 混 ざ るビ ジュアルも魅力である。人気台湾茶専門店THE ALLEYでは、100%非精製の純粋な黒糖を使用しており健康志向の強い韓国人にとってはこれも注目の一つとなっている。黒糖の他にも、台湾発のサンドイッチ店なども人気となっており、今後も台湾文化から何か新しい流行が生まれそうだ
安いもので約350円から飲むことができる。どれもじんわりコクがあって飲み飽きない甘さ
森 瑛里
大学在学中に韓国人と結婚。日本で夫婦ともに数年就労したのち渡韓。
在韓4年目。現在は釜山にて居酒屋を経営中。最近の趣味はハングル書道と、韓国の美容食材の探索。

本記事は、1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事です。無料で閲覧いただけます。

HERSTORY REVIEW WEBでは、掲載が1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事をWEBにて無料公開しています。過去にご紹介した様々な企業様の取り組みや商品開発、女性トレンド、多様な女性ニーズの傾向などのバックナンバー記事を掲載しています。最新の女性マーケットやトレンド情報を知りたい方は、HERSTORY REVIEWをお申し込みください。

HERSTORY REVIEWを詳しく見る

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーをトレンドセットでお届け!!

2020年11月の女性消費者キーワード「脱コロナ奮起 塗り替え消費」

HERSTORY REVIEW vol.40(2020年11月号)

税込5,000円

今年もあと2ヵ月。見通しの立たない不安感から高まるコロナ経済復興への意識。全国265人男女へのアンケート調査から見えてきたのは、助け合い、励まし合う相互扶助を求める気持ち。また、"コロナで始まりコロナで終わらせたくない"といった自分を奮い立たせる動きから、来年までにポジティブな気持ちに塗り替えるような消費者インサイトが見られました。HERSTORY REVIEWをお申し込みいただくとセミナー&調査データが無料でついてきます!!ぜひご覧ください。

女性視点マーケティング&トレンドレポート 『HERSTORY REVIEW』

女性トレンドを掴むならこれ1冊あればOK!女性マーケット最新情報を毎月お届け

HERSTORY REVIEW 定期購読のご案内

月払い 税込5,000円/月 /
年間一括払い 税込54,000円/年

HERSTORY REVIEWがあれば、もう女性のトレンド情報を探し回る必要はありません! 毎月、女性消費者トレンドとマーケットの動きをお届けします。
女性たちのリアルライフを知ることはお客様視点に立つ第一歩。最新の女性消費行動を知るため、ニーズをつかんだ商品開発のため、また社内研修などにもご活用いただけます。

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

Related Articles

関連する記事

Related Keywords

関連するキーワード