【ペルソナレポート】女性ペルソナ解説:SINKs(2019年11月号)

女性トレンドニュース
2019 Vol.30
【ペルソナレポート】女性ペルソナ解説:SINKs(2019年11月号)
ハー・ストーリィが発表した成人女性マーケットの代表的な消費者像を、紹介します。
ペルソナ(persona)とは

ユーザー像の具体化です。ターゲットの顧客を仮の人物像に仕上げます。
商品・サービスを提供する側が、顧客イメージを共通認識として持つことができるメリットがあります。

今号紹介するペルソナ像 「SINKs 」

専業主婦・子どもなし <攻略マーケット20代後半~30代前半>

充実アンノン      <攻略マーケット 60代~70代前半>

SINKs(専業主婦・子どもなし)攻略マーケット20代後半~30代前半

象徴的キーワード
かわいい妻 手作り DIY 美容
山内 あかり(25歳)

▼ 既婚(20歳で就職。取引先の担当者が今の夫。結婚して1年)
▼ 専業主婦(仕事はつらかったのでやめたかった。結婚が  決まったので式の1年前に退職、以来専業主婦に)
▼ 本人年収 0円/世帯収入 470万円(夫33歳)
▼ 賃貸アパートで、車1台所有(夫)
▼ 貯蓄額 50万円(独身時代の貯金はほぼなし。   貯金は結婚式のご祝儀の残り)

価値観

■結婚&家族
夫は外で働く人、私は家で家事をする人
実家から自由になれたし、専業主婦になりたいと思っていたので夢が実現できて幸せ。

■仕事&マネー
目指せ5年で1000万円貯金!
無駄をなくして1000万円貯金を目指す。雑誌でも1000万円を貯めた人がたくさん でているから多分大丈夫。最後は私がパートするけど、夫の収入で安定したい。

<関心事>いずれ訪れる再就職

ソニー生命保険株式会社が2017年に行った調査で「現在の生活に満足しているかどうか」という問いに対し、 54.1%の専業主婦が「非常にそう思う」 「そう思う」と回答している。就業願望について聞いたところ「本当は外に働きに行きたい」と回答する女性が38.1%いることが分かった。専業主婦 を楽しむ女性がいる一方で、働きたいと願う女性も少なくない。 株式会社ビースタイルが運営する 「しゅふJOB総合研究所」が2018年に 行った調査では、「専業主婦・主夫であることに、後ろめたさや罪悪感のようなものを覚えたことはありますか」という問いに対し、30代以下の専業主婦・ 主夫70.1%が「ある」「少しはある」と回答。上部は2015年の国税調査のデータ を元にしており、作成当時は専業主婦を心から楽しむ様子があったが、現在はいずれ再就職することを視野に入れている専業主婦が増えている様子がうかがえる。  
「働き方改革」に取り組む昨今の流れでは、SINKsたちの再就職を目指す動きが増していきそうだ。そのために企業は、時短勤務、リモートワークなど柔軟な働き方の導入が必要となるだろう。

SINKs( 充実アンノン):攻略マーケット 60代~70代前半

象徴的キーワード
子育てからの開放感  ひとり時間を楽しむ  今でも情報感度高め
お手本が欲しい  それぞれの生き方

石田恵子(62歳)

▼既婚(長女35歳 会社員/別居)
▼専業主婦 (5年前パート退職)
▼世帯年収 540万円(夫/会社員・総務系)
▼一戸建て(築30年/オール電化にリフォーム予定)
▼貯蓄額 1,800万円

充実アンノンの時代背景

1970年創刊の『an・an』、翌年創刊の『non-no』という2大ファッション雑誌に影響を受ける。

今でいう「旅ガール」第一世代。個性的ファッションリーダーであり、今も情報を追いかけ続ける。
オシャレは自分の個性を表す大切なことだと考えている。ブランド知識は今でも強い。

価値観

■結婚&家族
社会人となった時、男女雇用機会均等法はなかった世代フルタイム勤務も専業主婦でも「それぞれの人生」を楽しむ


男女雇用機会均等法ができて社会に出た世代とは、人生のこたえの出し方が若干異なる。
働き方も子供の有無も、この世代なりの自分が選んだそれぞれの人生という自負がある。

■仕事&マネー
社会人になった時にとても景気が良かったラッキー世代海外旅行や海外ブランド情報を雑誌で取りに行くガッツ

「寿退社」は当たり前、子供ができたら休職ではなく退職が当然の時代。
それぞれの人生を謳歌し、「これだ!」と思ったら迷わず手にする。旅行も買物も積極的に楽しみ、今も意欲的。

<関心事> 今も“お手本”を見ながらファッションを磨きたい! 『素敵なあの人』月刊誌で登場

新しい60代女性をターゲットにした宝島社のファッション誌『素敵なあの人』が9月中旬、月刊誌として創刊された。

2017年12月から発売していたムック本『素敵なあの人の大人服』シリーズ全4冊は、累計10万部突破の大ヒット。

株式会社バルクの調査では、20代~60代女性の興味関心で20代、30代で首位だった「ファッション」のスコアが40代では2位、50代では5位と下降。
しかし、60代になると再び4位へ上昇。

かつて雑誌をお手本に、国内旅行やファッション、ライフスタイルを研究してきたアンノン世代。今もなお情報を追い、自分の理想を追い続けていることがうかがえる。

時代をとらえる「6コース13+1」特徴的女性像

関連書籍

ペルソナ2020年度版「HERFACE15 2020」

本誌では、国勢調査に基づく家族構成、年齢、就業などの膨大な調査データから女性のマーケットボリュームを抽出。

さらに結婚や出産など分岐していく女性視点のライフコースから代表する15タイプの女性ペルソナを解説しています。

ペルソナ2020年度版「HERFACE15 2020」
¥16,500 税込

https://herstory.stores.jp/items/5e572160dee1bc1b3087db87

出典: ペルソナ2020年度版「HERFACE15 2020」 | HERSTORY ONLINE SHOP

本記事は、1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事です。無料で閲覧いただけます。

HERSTORY REVIEW WEBでは、掲載が1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事をWEBにて無料公開しています。過去にご紹介した様々な企業様の取り組みや商品開発、女性トレンド、多様な女性ニーズの傾向などのバックナンバー記事を掲載しています。最新の女性マーケットやトレンド情報を知りたい方は、HERSTORY REVIEWをお申し込みください。

HERSTORY REVIEWを詳しく見る

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーをトレンドセットでお届け!!

2020年12月の女性消費者キーワード「サステナブル意識消費」

HERSTORY REVIEW vol.41(2020年12月号)

税込5,000円

この1年で布マスクやエコバッグなどが広く普及し、女性消費者たちは一気にサステナブル意識を高め、SDGsへの認知も広がってきました。2021年に向けてサステナブル意識が大衆的な行動になってくる動きが見られることから、企業側にもサステナブル活動やSDGsへの取り組みが今後求められるでしょう。2021年に向けた12月の女性消費者動向は「サステナブル意識消費」に注目です!

女性視点マーケティング&トレンドレポート 『HERSTORY REVIEW』

女性トレンドを掴むならこれ1冊あればOK!女性マーケット最新情報を毎月お届け

HERSTORY REVIEW 定期購読のご案内

月払い 税込5,000円/月 /
年間一括払い 税込54,000円/年

HERSTORY REVIEWがあれば、もう女性のトレンド情報を探し回る必要はありません! 毎月、女性消費者トレンドとマーケットの動きをお届けします。
女性たちのリアルライフを知ることはお客様視点に立つ第一歩。最新の女性消費行動を知るため、ニーズをつかんだ商品開発のため、また社内研修などにもご活用いただけます。

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

Related Articles

関連する記事

Related Keywords

関連するキーワード