【ファミリー・キッズ】イクメン・家事メンを持つ妻たち。夫をその気にさせるのには、妻たちの上手な誘導がある(2017年8月号)

女性トレンドニュース
2017 Vol.3
【ファミリー・キッズ】イクメン・家事メンを持つ妻たち。夫をその気にさせるのには、妻たちの上手な誘導がある(2017年8月号)
女性に人気の30以上のメディア・クチコミを徹底分析

女性トレンド先読みレポート:ファミリー・キッズ

イクメン・家事メンを持つ妻たち。夫をその気にさせるのには、妻たちの上手な誘導がある

「うちパパ」を育成する妻、ネット婚活を子どもに勧める親。今月は当事者ではなく周囲の人の思惑や立ち振る舞いがトレンドとして挙がりました。自治体で配布されている「父子手帳」をインスタグラムで検索すると、ママが投稿した写真ばかりがヒットします。興味を示しコメントするのも女性たち。世間に浸透しつつある「育メン」も、注目しているのは女性なのかもしれません。

近年母子手帳と一緒に渡されることが多い父子手帳。

父親が楽しく自発的に子育てできるよう、男性側の視点に立った内容。

REVIEW
KEYWORD:うちパパ、イクメン、ネット婚活、推薦者
INSIGHT:夫を自発的なイクメンにするため手回し。

【うちパパ】上手に育成してママも楽に!家事に積極的な夫「うちパパ」

写真はイメージ

ターゲット 20代半ば~40代
詳細 「ワーママ」の対義語。うちのことを主体的に行う夫。家族と自分のために家事ができるよう妻が誘導、育成していく。
話題の背景 女性の社会進出が進むにつれ、男性の家庭進出が必要となる現在、手伝いではなく積極的な姿勢が問われる。
掲載誌 サンキュ
選考者の声 単身赴任中の夫もこの機会に家事を身につけて!

Google検索結果 検索ワード:家事分担

【離婚後のお金事情】もはや一般的なシングルマザー公的支援を活用するのが自立のカギ

写真はイメージ

ターゲット 20代半ば~50代半ば
詳細 離婚を決めたら第三者の意見を聞き、公的支援をフル活用して、自分の足で立つこと。法律で解決できることもある。
話題の背景 シングルマザーとして子どもと生きていくために必要な仕事や住まいへの公的支援の実態は認知度が低い。
掲載誌 ESSE
選考者の声 利用したくないが、知っておくといい知識かも。

Google検索結果 検索ワード:シングルマザー

【子どもに勧めるか迷う「ネット婚活」】自宅でできる婚活8割が半年以内に交際相手を獲得

6カ月プラン:3564円/月(税込・ゼクシィ縁結び)

ターゲット 30~60代
詳細 「ゼクシィ縁結び」は登録者12万。結婚して欲しいが、情報公開の不安などから、子どもに勧めるか迷う親も。
話題の背景 結婚相談所は登録料が10万円程度と高額。安価な婚活サービスで結婚した人の割合は15年間で6倍に。
掲載誌 ハルメク
選考者の声 新しい出会い方と思えばよいのかも。

Google検索結果 検索ワード:ネット婚活

【包括的教育】不登校を問題行動ととらえない “包括的教育”が国際的な主流

写真はイメージ

ターゲット 30代半ば~50代半ば
詳細 包括的教育とは、すべての子が排除されずに学ぶことを目指す教育。問題は不登校ではなく子どもが学ぶ権利と環境。
話題の背景 不登校者は全国に約12万人。学校に登校させるべきという考えが、子どもや親を追い詰めている。
掲載誌 暮らしの手帖
選考者の声 不登校=問題としないことが大切だと思った。

Google検索結果 検索ワード:不登校

今月の女性トレンド選考員
東京都・TTさん
年齢:40代/職業:アルバイト/結婚:既婚/子ども:2人
【最近の状況】4月から夫が単身赴任、子ども2人が同時に入学しました。ワンオペでみんなの新生活を支え、目が回りそうな忙しさです。

石川県・YSさん
年齢:40代/職業:会社員/結婚:既婚/子ども:1人
【最近の状況】海外ドラマにはまり、地上波&BS放映ではもの足りなくなってきました。現在テレビにつなぐ動画配信サービスを比較検討中です!

山形県・YNさん
年齢:50代/職業:専業主婦/結婚:既婚/子ども:1人(大学生)
【最近の状況】英語が話せるようになりたいと思い、最近使っているのが言語交換アプリ。海外の人とメッセ-ジ交換を楽しんでいます。
情報元
VOCE、ViVi、JJ、SPRING、25ans、Sweet、MORE、With、Oggi、CLASSY、プレジデントウーマン、日経WOMAN、日経DUAL、Mart、ESSE、リンネル、nina's、como、サンキュ、LEE、日経ヘルス、InRed、VERY、CHANTO、LDK、暮らしの手帖、Veggy、STORY、美ST、東洋経済、ELLEgourmet、婦人公論、からだにいいこと、GLOW、毎日が発見、ミセス、MyAge、サライ、HERS、日経おとなのOFF、Eclat、婦人画報、家庭画報、おとなスタイル、クロワッサン、大人のおしゃれ手帖、ためしてガッテン、リビング誌、オレンジページ、ハルメク、ゆうゆう、通販生活、和楽、東京カレンダー、kodomoe、きんゆう女子。、AllAboutマネー、PRESIDENTOnline、女性向けアプリ、各社新聞、テレビ番組、女性たちのSNS上での話題
Google検索結果は、GoogleおよびGoogleロゴはGoogle Inc.の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています

関連記事:女性トレンド(2017年8月号)

本記事は、1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事です。無料で閲覧いただけます。

HERSTORY REVIEW WEBでは、掲載が1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事をWEBにて無料公開しています。過去にご紹介した様々な企業様の取り組みや商品開発、女性トレンド、多様な女性ニーズの傾向などのバックナンバー記事を掲載しています。最新の女性マーケットやトレンド情報を知りたい方は、HERSTORY REVIEWをお申し込みください。

HERSTORY REVIEWを詳しく見る

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーをトレンドセットでお届け!!

2020年11月の女性消費者キーワード「脱コロナ奮起 塗り替え消費」

HERSTORY REVIEW vol.40(2020年11月号)

税込5,000円

今年もあと2ヵ月。見通しの立たない不安感から高まるコロナ経済復興への意識。全国265人男女へのアンケート調査から見えてきたのは、助け合い、励まし合う相互扶助を求める気持ち。また、"コロナで始まりコロナで終わらせたくない"といった自分を奮い立たせる動きから、来年までにポジティブな気持ちに塗り替えるような消費者インサイトが見られました。HERSTORY REVIEWをお申し込みいただくとセミナー&調査データが無料でついてきます!!ぜひご覧ください。

女性視点マーケティング&トレンドレポート 『HERSTORY REVIEW』

女性トレンドを掴むならこれ1冊あればOK!女性マーケット最新情報を毎月お届け

HERSTORY REVIEW 定期購読のご案内

月払い 税込5,000円/月 /
年間一括払い 税込54,000円/年

HERSTORY REVIEWがあれば、もう女性のトレンド情報を探し回る必要はありません! 毎月、女性消費者トレンドとマーケットの動きをお届けします。
女性たちのリアルライフを知ることはお客様視点に立つ第一歩。最新の女性消費行動を知るため、ニーズをつかんだ商品開発のため、また社内研修などにもご活用いただけます。

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。