【マネー・仕事】育児と仕事を両立したいママ向け転職サイト増加中(2017年9月号)

女性トレンドニュース
2017 Vol.4
【マネー・仕事】育児と仕事を両立したいママ向け転職サイト増加中(2017年9月号)
 近年、専業主婦は減少を続け、2015年には30%台となりました。女性たちは育児と仕事を両立できるよう、対応してくれる企業や職場を求めています。そんな女性のニーズに合わせた転職サイトが増加中。女の転職@typeでは、条件がわかりやすく検索できる仕組みになっており「育児と両立」「働くママ在籍」など、安心できる検索軸が好評です。
INSIGHT
出産後も変わらず家庭と両立できる職場で働き続けたい。

子どもにかかるお金の新常識

写真はイメージ
子どもには一体いくらかかるのか 教育費を吟味する
掲載誌 サンキュ
ターゲット 30~40代
詳細/背景
子どもにかける支出割合は月収の10%が理想とされる。子どもが成長するにつれて基本的な教育費のほか部活動などの臨時出費や塾代などが増えるので、あらかじめ予算立てが必要。子育て主婦には、保険や支援金などさまざまな情報収集が必要になっている。
Google検索結果
検索ワード: 教育費
選考者の声
中学生の息子がいるが、学費以外にかかる出費があると痛感している。

子持ち転職

写真はイメージ
ママに理解のある企業が増加 働くママの選択肢も拡大
掲載誌 VERY
ターゲット 30~40代
詳細/背景
全国的な人手不足によりママを働き手として重要視する企業が急増。一方ママ側は、家族を最優先にしたい人、キャリアを求めたい人、いずれも子連れに理解のある職場が譲れない条件。企業側もフレックス勤務、残業が少ないなどサポートを充実し、子持ち転職のハードルが下がり始めている。
Google検索結果
検索ワード: 子連れ 転職
選考者の声
子どもがいると勤務時間等の条件があり、あきらめがちだったが、最近は状況が変わっているとわかった。

クリアファイル家計簿

クリアファイル家計簿: 1080円(税込・扶桑社)
家計簿の常識を覆す新しい 貯蓄法が新鮮と話題に
掲載誌 からだにいいこと
ターゲット 30~50代
詳細/背景
100円ショップのクリアファイルと千円札を2枚用意するだけで貯まる画期的な貯蓄法。家計簿を記入する面倒さから解放され、気がついたら平均月4万円、1年で約50万円たまると評判に。一日2千円予算枠からムダ遣いに気づき、ゲーム感覚で節約できる新感覚の節約法。
Google検索結果
検索ワード: クリアファイル家計簿
選考者の声
こんな簡単な仕組みで家計が貯まるなら、実際に試してみたい。

ワンストップ支援センター

特定非営利活動法人 性暴力救援センター・東京HP。
誰にも相談できない事例は7割 被害者を支援するサポートは不足
掲載誌 婦人公論
ターゲット 30~50代
詳細/背景
性犯罪の被害に直面した女性ジャーナリストの告発が話題に。被害に遭っても誰にも相談しなかった女性が7割とのデータ(内閣府)もある。全国に40カ所のセンターが医療面、生活面など性犯罪被害者の総合的支援を行っているが、まだ圧倒的に足りないのが現状。
Google検索結果
検索ワード: ワンストップ支援センター
選考者の声
なかなか声をあげづらいと思うが、もっと支援の手を増やすことが大切。

女性視点マーケティング&トレンドレポート 『HERSTORY REVIEW』

女性トレンドを掴むならこれ1冊あればOK!女性マーケット最新情報を毎月お届け

HERSTORY REVIEW 定期購読のご案内

月払い 税込5,000円/月 /
年間一括払い 税込54,000円/年

HERSTORY REVIEWがあれば、もう女性のトレンド情報を探し回る必要はありません! 毎月、女性消費者トレンドとマーケットの動きをお届けします。
女性たちのリアルライフを知ることはお客様視点に立つ第一歩。最新の女性消費行動を知るため、ニーズをつかんだ商品開発のため、また社内研修などにもご活用いただけます。

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーを3大セットでお届け!!

2020年9月の女性消費者キーワード 「気にかけ合う身近消費」

HERSTORY REVIEW vol.38(2020年9月号)

税込5,000円

緊急事態宣言が明けてからの人々の日常活動の復活によって、再び、感染者増加。 秋から冬にかけては年中行事やイベント事も多い季節となります。感染防止行動の中、季節感を取り入れた消費喚起ができるのか。秋の消費傾向をレポートにまとめました。今月号からHERSTORY REVIEWをお申し込みいただくとセミナー&調査データが無料でついてきます!!ぜひご覧ください。

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。