【ペルソナレポート】ワーキングウーマンウォッチ:「経済性差」の減少から紐解く、女性の恋愛とお金の問題 (2019年12月号)

女性トレンドニュース
2019 Vol.31
【ペルソナレポート】ワーキングウーマンウォッチ:「経済性差」の減少から紐解く、女性の恋愛とお金の問題 (2019年12月号)
毎年上昇し続ける女性の就業率。働く女性のニーズ、インサイトを隔月で取り上げます。

「経済性差」の減少から紐解く、女性の恋愛とお金の問題

昨今、女性の社会進出が進み、生涯未婚率も上昇傾向にある。

女性の大学進学率は上昇し過去最高となり、管理職に就く女性も徐々に増えている。
今から5年前の2014年には既に、35歳未満の単身者の消費支出額は、女性が男性を上回っている(※1)。

しかし「自立している女性が増えた」=「結婚したくないと思う女性が増えた」とみなすのは少々強引だ。

結婚願望の有無に関する調査では、「一生結婚しない」と答えた女性は1982年に4%だったのに対し、28年後の2010年でもわずか8%にとどまった(※2)。

今も昔も変わらない「好きな人と結婚したい」という乙女心が垣間見える結果といえよう。

なお、マイナビウーマンが2019年に行ったアンケートによると、働く女性の約86%が「出会いがない」と回答している(※3)。

こうした状況もあり、昨年マイナビウーマンで掲載した記事の中でも、女性が自ら東京・銀座のコリドー街へと出会いを求めに行く体験記はとても好評だった。

視点を変えてみる。

出生動向基本調査では、1997年以降、25歳~39歳の独身男性の「独身でとどまっている理由」のうち「結婚資金が足りない」と答えた比率は、調査の回を重ねるごとに増加している(※4)。

経済的自立が進む女性と、経済的自信を失くした男性。
晩婚化や未婚率の上昇は、こうした男女の「経済性差の減少」が要因となっているのではないだろうか。

草食化が進む男性に対し、「私は一生結婚しないかもしれない」と悟った現代女性の行動は早かった。

マイナビウーマンにて、年に一度1000人規模で実施する「働く女性の実態調査」に興味深いデータがある。
「貯金の目的は何ですか?」という質問に、「老後のため」と答えた割合は2017年で14%、2018年で27%まで上昇し、今年2019年にはなんと48%にも上った。

ちなみに2017年で最も多かった回答は「何となく」(41%)だった(図1)。

実家暮らしで何となくたまったお金を抱えて好きな人の家へ嫁ぐ、もはやそんな時代ではなくなった。

いつか好きな人と結婚したいという乙女心は残しつつ、もしかしたら一人で生きていくかもしれない可能性を今、女性たちは現実として受け止め始めているのかもしれない。


※1総務省「平成26年全国消費実態調査」より
※2厚生労働省「平成25年版厚生労働白書-若者の意識を探る-」より
※3マイナビウーマン「出会いに関するアンケート2019」より/有効回答数395件
※4鎌田健司(2013)「30代後半を含めた近年の出産・結婚意向」ワーキングペーパーシリーズ(J)、国立社会保障・人口問題研究所より

女性インサイト総研

マイナビウーマンの女性インサイト研究チーム。15年間のメディア運営で蓄積した豊富な定量・定性データにより、ユーザー動向を把握していることが強み。
株式会社マイナビ ウーマン事業部東京都千代田区一ツ橋1-1-1

本件に関するお問い合わせ
woman@mynavi.jp

本記事は、1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事です。無料で閲覧いただけます。

HERSTORY REVIEW WEBでは、掲載が1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事をWEBにて無料公開しています。過去にご紹介した様々な企業様の取り組みや商品開発、女性トレンド、多様な女性ニーズの傾向などのバックナンバー記事を掲載しています。最新の女性マーケットやトレンド情報を知りたい方は、HERSTORY REVIEWをお申し込みください。

HERSTORY REVIEWを詳しく見る

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーをトレンドセットでお届け!!

2021年2月の女性消費者キーワード「5大SNSを使い分ける女性たち LITFY『リトフィ』は生活必需ツール」

HERSTORY REVIEW vol.43(2021年2月号)

税込5,000円

コロナ禍を境に、明らかに「モノの価値から目に見えない情報が価値」の時代へと変わりました。
女性たちにとってSNSは、すでに生活必需ツールとして浸透しています。
今回は女性たちは5大SNSをどのように目的別に使い分けているのか、消費者とSNSの在り方に注目しました!

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

Related Articles

関連する記事

Related Keywords

関連するキーワード