【食】つるんと飲む和スイーツ「わらび餅ドリンク」(2019年12 月号)

女性トレンドニュース
2019 Vol.31
【食】つるんと飲む和スイーツ「わらび餅ドリンク」(2019年12 月号)
8つのカテゴリー別に、女性雑誌・新聞・SNS・TV・アプリなど、
85メディアの情報から今話題になっている商品やサービスをピックアップ
キーワードが選定されるまで
1.キーワード選定

毎月85メディアに掲載の情報を在宅ワーカーがデータ入力し一括 化。複数メディアに掲載されている上位の商品・キーワードを掲載 候補にピックアップ。

2. 予測確認
グーグル検索で類似ワードが上昇傾向にあるかを確認し、今後 さらに注目や関心が広がる可能性があると思える動きをしてい るワードかを判断する。

3. 定性確認
オピニオンリーダー的な女性4名によりステップ2であがった予測 情報が、周囲での話題、SNSやクチコミの兆しがみられるかを参考 意見として集める。

4. 編集部決定
上記の3ステップの結果から、最終は編集部で内容確認し、他の 情報の動きなどと合わせて総合的な判断で掲載を決定。
今キテる! トレンドレポート:ファッション

つるんと飲む和スイーツ「わらび餅ドリンク」

わらび餅ドリンクをセブン-イレブンのアイスカフェラテ R 180円(税込)と黒糖わらび 105円(税込)を使用して作ったもの。

OCHABA公式サイト

「わらび餅ドリンク」は、カフェオレ、抹茶、ミルクティーなどにわらび餅を入れた新感覚のドリンクで、
タピオカとは異なるやわらかな食感や喉ごしに女性が夢中になっている。

ブームの始まりは、わらび餅の「もとこ」や、濃茶スイーツの「雷一茶」、日本茶ミルクティーの「OCHABA」などの専門店から。

抹茶やほうじ茶のラテには、タピオカより和素材のわらび餅の方が合うという声も。

コンビニのカップドリンクとわらび餅で作るアイデアもTwitterなどのSNSで広まり、
タピオカの次に来るドリンクとして人気が急上昇している。
INSIGHT

三温糖や黒糖を使ったわらび餅は体にやさしいイメージがある。
自宅でも手軽に楽しめるのがうれしい。

【バナナジュース】鮮度抜群! 自然な甘さで濃厚。牛乳やフレーバーとミックス自在

sonna banana サイト

掲載誌 
ViVi

ターゲット
10~30代

詳細/背景 
バナナと牛乳で作る砂糖不使用の濃厚なドリンク。

専門店が続々とオープンし、こだわりの高級バナナを使用、
フレーバーやミルクの種類を選べるなど、それぞれの個性が魅力的。

オーダーを受けてから作るため、鮮度が良くバナナのおいしさをそのまま楽しめると、
SNSを中心に話題沸騰。

わらび餅ドリンク同様に“NEXTタピオカ”のひとつとして注目だ。

 
選考者の声 
バナナの自然な甘さを生かしているので、体に良さそう。
ミキサーを買ったばかりの頃よく手作りしていたが、最近作っていなかったので久々に飲みたくなった。

【ブルーフード】植物由来のブルー色素でヘルシー&映える注目フードに

Super ice Creamery

掲載誌 
ELLE gourmet

ターゲット
10~40代

詳細/背景 
食欲を減退させる色として食品では敬遠されがちだったブルー。

ところが近年、ブルーを使ったドリンクやデザートが続々と登場している。

注目は、ブルーの色素を人工着色料ではなく、藻類のスピルリナやマメ科のバタフライピーなど植物由来のものを使用していること。

これらの食材は栄養素豊富な健康食品でもあり、ビジュアル映えだけでなくヘルシーさも話題だ。


選考者の声 
実際に見てみると食欲がなくなるというより、「どんな味?」と新鮮さを感じます。
体に良い成分が入っていると聞くと、ますます興味がわいて、試してみたくなりました。

【プリーーーン!】マヨ容器に入ったチューチュー吸うプリンが話題騒然

チューチュープリン:400円(税別・プリーーーン!)

掲載誌 
exciteニュース

ターゲット
10~40代

詳細/背景 
2019年7月、大阪・なんばCITYにプリン専門店「プリーーーン!」がオープン。

北海道産生乳使用のクリームチーズ、国産の無塩バターや無添加生クリームなどこだわりの素材を使ったプリンが人気だ。

中でも評判は、マヨネーズ容器に入った「チューチュープリン」。

そのまま吸って食べても、パンなどに塗って焼いても美味。

プリンの新しい食べ方が注目されそう。

選考者の声 
マヨ容器と中身のギャップが楽しくて、おみやげにしたら喜ばれそう。
まずは吸ってみて、次はクッキーなどにのせて食べてみたい。
いろんな楽しみ方ができて面白い。

【袋が器のチャーハン】電子レンジでそのまま調理可能。袋をお皿がわりに食べられる

WILDish 焼豚五目炒飯:オープン価格(マルハニチロ)

掲載誌 
日経クロストレンドサイト、
GetNavi

ターゲット
20~40代

詳細/背景 
マルハニチロから2019年8月に発売された冷凍チャーハン。

一食で食べ切る個食タイプで、袋ごと電子レンジに入れて調理し、そのままお皿がわりにして食べられる。

パッケージはマチがついた袋のため、テーブルに置くと自立する仕様だ。
チャーハン、ピラフなど全4種。

ライフスタイルの多様化で男女ともに増加傾向にある単身世帯を中心に、ニーズが高まる予感。


選考者の声
買いに行くのが面倒なくらい疲れているときのために、冷凍庫にストックしておきたい。
洗い物がなくゴミがかさばらないので、一人のご飯のときに活躍しそう。

【無印良品 糖質10g以下シリーズ】糖質を抑え満足感のある食べ応え。ダイエット中の強い味方に

糖質10g以下のカレー150g:350円(税込・無印良品)

掲載誌 
Pouch

ターゲット
20~50代

詳細/背景
健康やダイエットに気を配り、糖質を控える人が増える中、2019年9月、
無印良品から「糖質10g以下」のレトルトカレーとお菓子が発売された。

原材料には、糖質の高い小麦粉を減らし、風味を高めるためにおからや
アーモンドパウダーなどを使用。

シリーズはカレー3種、お菓子約30種と幅広い品ぞろえで、日頃から糖質を気にする人の新たな選択肢になりそう。


選考者の声
店舗に行って実際に見たら種類が豊富で驚いた。
1つの値段は普通のものより少し高めだけど、ダイエット中、小腹がすいたときのおやつのバリエーションが広がりそう

【バターのいとこ】地元酪農家のスキムミルクに注目。那須高原を盛り上げるゴーフル

バターのいとこ:700円・3枚入り(税別・チャウス)

掲載誌 
ESSE

ターゲット
20~50代

詳細/背景
栃木県・那須高原で大人気のゴーフル菓子。

地域の酪農家が作る無脂肪乳(スキムミルク)に新たな価値を与えるために、地元の複合施設「Chus(チャウス)」が開発し販売。

無脂肪乳を使ったミルクジャム、バタークリーム、生地の絶妙なおいしさがブレークし、
通販は3カ月待ちとなり、オンリーショップも2019年5月にオープン。

地方創生のモデルとしても注目だ。


選考者の声
スキムミルクといえば、味気ないダイエット食品を思い浮かべがちですが、
こんな人気菓子が生まれていたとは。
地域の酪農家を支えるというコンセプトもすてきで応援したくなる。

今月の女性トレンド選考員

MTさん 年代:30代/結婚:既婚/子ども:2人(1才、年少児)
<近況>
年末に向けてふるさと納税に申し込みをしようか検討中。
狙いは牛肉。
普段から子どものサポートをしてくれる実家で、すき焼きパーティーしたい!


KIさん 年代:30代/結婚:既婚/子ども:2人(小1、中1)
<近況>
オリラジ中田敦彦のYouTube大学にハマっています。
情熱が伝わる濃密な内容の講義で、娘と一緒に笑いながら学んでいます。
今後の追加配信も楽しみ。


JIさん 年代:40代/結婚:既婚/子ども:1人(大2)
<近況>
年々進行する肌の乾燥対策として憧れのドゥ・ラ・メールのクリームを購入。
他のコスメはプチプラなので、気持ちも上がり、しっとり感が一日続きます!


YSさん 年代:50代/結婚:既婚/子ども:1人(大3)
<近況>
冷蔵庫が壊れて買いに行ったところ、左開きドアの冷蔵庫が極端に少ない!
1つだけあった両開きを購入したが、もっと種類を増やしてほしい。

85メディア情報元
VOCE、ViVi、JJ、SPRiNG、25ans、Sweet、MORE、with、Oggi、CLASSY、PRESIDENTWOMAN、日経WOMAN、日経DUAL、Mart、ESSE、リンネル、nina's、como、サンキュ!、LEE、日経ヘルス、InRed、VERY、CHANTO、LDK、暮しの手帖、Veggy、STORY、美ST、東洋経済、ELLEgourmet、婦人公論、からだにいいこと、GLOW、毎日が発見、ミセス、MyAge、サライ、HERS、日経おとなのOFF、Eclat、婦人画報、家庭画報、おとなスタイル、クロワッサン、大人のおしゃれ手帖、ためしてガッテン、リビング誌、オレンジページ、ハルメク、ゆうゆう、通販生活、和楽、東京カレンダー、kodomoe、きんゆう女子。、AllAboutマネー、PRESIDENTOnline、RoomClip、LIMIA、macaroni、MERY、クックパッド、LOCARI、@cosme、インスタグラム、twitter、その他女性向けアプリ、女性向けキュレーションサイト、各社新聞、テレビ番組など
Google 検索結果は、Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています

関連記事

本記事は、1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事です。無料で閲覧いただけます。

HERSTORY REVIEW WEBでは、掲載が1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事をWEBにて無料公開しています。過去にご紹介した様々な企業様の取り組みや商品開発、女性トレンド、多様な女性ニーズの傾向などのバックナンバー記事を掲載しています。最新の女性マーケットやトレンド情報を知りたい方は、HERSTORY REVIEWをお申し込みください。

HERSTORY REVIEWを詳しく見る

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーをトレンドセットでお届け!!

2021年2月の女性消費者キーワード「5大SNSを使い分ける女性たち LITFY『リトフィ』は生活必需ツール」

HERSTORY REVIEW vol.43(2021年2月号)

税込5,000円

コロナ禍を境に、明らかに「モノの価値から目に見えない情報が価値」の時代へと変わりました。
女性たちにとってSNSは、すでに生活必需ツールとして浸透しています。
今回は女性たちは5大SNSをどのように目的別に使い分けているのか、消費者とSNSの在り方に注目しました!

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

Related Articles

関連する記事

Related Keywords

関連するキーワード