【健康】油を使わない味噌汁はダイエットにも人気。ラップに包んだ味噌玉は静かなブーム(2017年6月号)

女性トレンドニュース
2017 Vol.1
【健康】油を使わない味噌汁はダイエットにも人気。ラップに包んだ味噌玉は静かなブーム(2017年6月号)
女性に人気のメディア・クチコミを徹底分析

女性トレンド先読みレポート:健康

油を使わない味噌汁はダイエットにも人気。ラップに包んだ味噌玉は静かなブーム

5月は新生活の疲れが出るタイミング。味噌の原料となる大豆には、脂肪燃焼を促進するロイシン、イソロイシンが豊富に含まれているのも魅力。味噌汁はほとんど油を使わないので、ダイエットに適した料理でもあります。ラップに味噌と粉末だしを混ぜた“味噌玉”を作っておくと、ゆで野菜を入れるだけで簡単手軽に味噌汁が作れます。また、長ネギや乾燥わかめ、すりおろし生姜を加え、アレンジを楽しむ人もいます。年中冷え性の女性も多く、味噌玉は体調管理にぴったりと人気。
旬・定番キーワード
UV対策/ストレス/5月病

【ヘルシースナッキング】アメリカで話題、セレブも愛用美容と健康のために間食でダイエット

ヘルシースナッキング:各119円(税込・森永製菓)

ターゲット 30代
詳細 国内では森永製菓がたんぱく質や食物繊などを強化して200kcal以下に抑えたお菓子を、合食が海産物などを中心に商品をラインアップ。
話題の背景 海外セレブが美容と健康のために実践。主にナッツやフルーツを間食としてこまめに食べることで、空腹時のドカ食いを避ける。
掲載誌 日経ヘルス
選考者の声 これからお菓子は、健康を意識してヘルシースナッキングにしてみようかなと思いました。

【産後・加齢による尿もれ】 外出できない、笑えない。“下着の替え”を持ち歩く経産婦、アラフォー

写真はイメージ

ターゲット 30代
詳細 産後や、加齢による尿もれは、肛門周りを絞める、漢方薬やお灸で体を温めるのが効果的だそう。女性ホルモンが整うと改善する場合も。
話題の背景 妊娠や産後に起こる尿もれの多くが子宮や膀胱を支える“骨盤底筋”が圧迫され弱ることが原因。さらに加齢も原因に。手術のケースもあり。
掲載誌 VERY
選考者の声 2人目妊娠中なので、記事を読んで出産後、私にも尿もれが来るのかもと怖くなりました。

【すごい納豆S-903】2000種類以上の納豆菌から選ばれた“免疫”が高く“乳酸菌”入りの新商品

おかめ納豆 すごい納豆S-903:198円(税別・タカノフーズ)

ターゲット 30~40代
詳細 2000種類以上の納豆菌の中から、903番目に見つかった「S-903納豆菌」。免疫に対する機能性が一般的に使われる納豆菌の1.5倍なのだそう。
話題の背景 「S-903納豆菌」がインフルエンザを予防、花粉症対策も期待されている。タレには今、話題のシールド乳酸菌を配合、W効果も期待される。
掲載誌 日経ヘルス、からだにいいこと
選考者の声 話題の乳酸菌が納豆にも登場してスーパーでもよく見かけるので気になっていました。

【塩浴(えんよく)】むくみがとれ、汗が出て、デトックスできると話題の“おばあちゃんの知恵”

写真はイメージ

ターゲット 40代
詳細 飽和食塩水を全身に塗り、その後は流して風呂にはいる。3日に1度程度から始める。冷えが改善した、髪がふんわりしたなどの口コミあり。
話題の背景 石鹸やシャンプーの代わりに飽和食塩水(これ以上塩が溶けない状態)を使うのが塩浴で昔からある健康法の一つ。最近本も出て再注目され始める。
掲載誌 美ST
選考者の声 減塩ブームで塩のイメージが悪い感じでしたが、この使い方だといいイメージが沸きました。

【アピアランスケア】元気にみえるメイクで、がんに冒されても、社会で普通に暮らす

写真はイメージ

ターゲット 40~60代
詳細 がんサバイバーの美容ジャーナリストの体験から生まれたアピアランスケア。外見を整えることで仕事や生活への活力を生みだすと注目が集まる。
話題の背景 抗がん剤治療を続けながらも社会で活動したい、アピアランス(外見)をサポートする支援センターが誕生し、医療と美容が手を組んだ。
掲載誌 婦人画報
選考者の声 病は気からと言いますが、気持ちが上向きだと病気も克服できると実感します。

【ポップな紙ショーツ】カラフルな色に柄ありの紙ショーツが登場。シニアの外出を華やかに

HASOCARE:680円(税別)

ターゲット 50~60代
詳細 主流マーケットはゴワつく紙パンツだが、HASOCARE(ハッソーケア)は蒸れにくさを解消、薄手に。男性用も。
話題の背景 厚みがあって蒸れる紙オムツに不快感を示していたシニアの声から生まれた商品。活動範囲が広がるとアクティブシニア世代向けにPR。
掲載誌 ゆうゆう
選考者の声 ナプキンに負けないポップな下着で紙パンツのイメージなし、行動範囲が広がりそう。
今月の女性トレンド選考員
東京都・WSさん
年齢:30代/職業:ピアノ講師/結婚:既婚/子ども:1人(第2子妊娠中)
【最近の状況】つわりに悩まされていましたが、3月に入りようやく落ち着き、4月はお外が大好きな上の子と散歩を楽しんでいます。

千葉県・HTさん
年齢:40代/職業:主婦(不定期でアルバイト)/結婚:既婚/子供:なし
【最近の状況】急な不幸で地方へ。急いで喪服を探したら体型が変わり入らない!慌てて通販で買い直す羽目に。油断していました。

神奈川県・TNさん
年齢:40代/職業:アルバイト/結婚:既婚/子ども:なし
【最近の状況】大学受験が終わり子育てから解放された同級生からの誘いが多く、母業のストレスを垣間見ています。
情報元
VOCE、ViVi、JJ、SPRING、25ans、Sweet、MORE、Oggi、CLASSY、日経WOMAN、Mart、ESSE、nina’s、como、サンキュ、LEE、日経ヘルス、InRed、VERY、CHANTO、LDK、暮らしの手帖、Veggy、STORY、美ST、東洋経済、ELLEgourmet、クロワッサン、婦人公論、ESSE、ミセス、MyAge、サライ、HERS、日経おとなのOFF、Eclat、婦人画報、家庭画報、おとなスタイル、クロワッサン、大人のおしゃれ手帖、ためしてガッテン、リビング誌、オレンジページ、ハルメク、ゆうゆう、通販生活、和楽、東京カレンダー、kodomoe、女性向けアプリ、各社新聞、テレビ番組、女性たちのSNS上での話題

女性視点マーケティング&トレンドレポート 『HERSTORY REVIEW』

女性トレンドを掴むならこれ1冊あればOK!女性マーケット最新情報を毎月お届け

HERSTORY REVIEW 定期購読のご案内

月払い 税込5,000円/月 /
年間一括払い 税込54,000円/年

HERSTORY REVIEWがあれば、もう女性のトレンド情報を探し回る必要はありません! 毎月、女性消費者トレンドとマーケットの動きをお届けします。
女性たちのリアルライフを知ることはお客様視点に立つ第一歩。最新の女性消費行動を知るため、ニーズをつかんだ商品開発のため、また社内研修などにもご活用いただけます。

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーを3大セットでお届け!!

2020年9月の女性消費者キーワード 「気にかけ合う身近消費」

HERSTORY REVIEW vol.38(2020年9月号)

税込5,000円

緊急事態宣言が明けてからの人々の日常活動の復活によって、再び、感染者増加。 秋から冬にかけては年中行事やイベント事も多い季節となります。感染防止行動の中、季節感を取り入れた消費喚起ができるのか。秋の消費傾向をレポートにまとめました。今月号からHERSTORY REVIEWをお申し込みいただくとセミナー&調査データが無料でついてきます!!ぜひご覧ください。

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。