【座談会・アンケート】ペットを飼う動機と世話への心配り(2018年12月号)

座談会・アンケート
2018 Vol.19
【座談会・アンケート】ペットを飼う動機と世話への心配り(2018年12月号)

公開座談会:ペットを飼う動機と世話への心配り

2018年10月はペットを飼っている方に意見を聞きました。
参加者プロフィール(年齢・居住地・職業・家族状況・ペット)
Aさん 東京都/40代フルタイム勤務夫、娘2人(中1・小4)/金魚
Bさん 埼玉県/30代専業主婦夫/犬2頭
Cさん 東京都/40代自営娘(大学生)/蛇、蛙、亀など
Dさん 千葉県/50代パートタイム勤務夫、息子(社会人29歳)、娘(社会人25歳)/うさぎ
Eさん 東京都/40代パートタイム勤務一人暮らしハムスター2匹

ペットを飼い始めたきっかけ

Aさん 子どもがお祭りで釣ってきた金魚を飼っています。毎年お祭りに行くたびに釣って来て、現在3匹います。最近の学校は動物の飼育をしないので、子どもに生き物に触れてほしいという意味もあって飼っています。

Bさん マルチーズとトイプードルの雑種であるマルプーを2頭飼っています。以前、ラブラドールレトリバーを飼っていたのですが、現在マンション住まいなので小型犬を飼いたくて探しました。

Cさん 蛙、トカゲ、ウーパールーパーとスッポンとカニとヘビとグッピー。生き物が好きで、今まで色々飼ったんですが、ここに行き着きました。ウーパールーパーとスッポン以外ほとんどが趣味の釣りのときに捕まえたものです。あまり世話がかからないものばかりです。
Dさん ホランドロップという耳の垂れたうさぎを飼っています。以前飼っていたうさぎが亡くなったあと、話し相手がおらずスマホのsiriに私が話しかけているのを見た息子が「やっぱりペットがいたほうがいいんじゃない?」と勧めてくれて飼うことになりました。

Eさん ハムスターを2匹飼っています。1匹はメスで3年くらい生きていて、かなりお年寄りです。もう1匹はオスで顔がかわいいのが気に入っています。前にウサギを飼っていたのですが、病気になってしまい医療費がかかったのと、アパートでの一人暮らしでも飼えるということでハムスターにしました。

購入・お世話をするとき、 インターネット情報を利用

Bさん 1頭を買った次の日にもう1頭欲しくなりました。ブリーダーさんが兄弟犬とともにネットで紹介しているのを見て、一番かわいいと思った子をペットショップに行って見て迎えることにしました。

Dさん 飼うことを決めてからウサギの専門店を週末毎にまわっていました。「こういう子が欲しい」というリクエストはできるのですが、人気のある種類はすぐに引き取り手が決まってしまいます。ペットショップのサイトでこの子を見つけて、すぐに実物を見に行って、気に入ったので連れて帰りました。

Aさん 金魚の感染症などはヤフー知恵袋などで調べています。ふんが白っぽくなると寿命が近い、ということなどはじめは知りませんでした。

Cさん 以前トカゲなどを飼っていたときは爬虫類系の雑誌を読んでいましたが廃刊になってしまいました。今はお世話の情報などは獣医さんが解説してるサイトを参考にすることが多いです。

飼い方で気を配っていること

Bさん 以前、犬を飼った経験からペットは飼い始めた年と亡くなる前の1年が医療費がかかると感じています。
今飼っている犬も飼い始めた年にペット保険に入っていましたが医療費が落ち着いたので今はペット保険には入っていません。
2頭とも体に合わないものを与えると目やにが出るので、アボダームというアボカドを主原料にした自然派のドッグフードと白かゆを与えています。
それだけでは物足りなそうな表情をするので、鶏のむね肉を蒸したものも与えています。

Dさん やっと飼ったウサギなので体調には気をつけて大事に育てています。
ペットフードも市販のではなくて、買ってきたお店の独自のを食べさせていれば安心だと思っています。市販のものではお腹を下してしまいます。
野菜は食べなくて、乾燥したバナナとかマンゴーなどをおやつに与えています。
ウサギは毛があるので暑さには弱いんですよね。今年の夏は暑かったので私が仕事にいっている間、ウサギのためにクーラーをつけっぱなしにしていました。

オーナーとペットの関係性

Cさ 今、家にいるペットたちは一緒に生きてる仲間っていう感じ。
私が世話をしなきゃいけいけない存在ではあるんですが、ペットはペットの独特の世界を持っていて「別に人間なんか関係ない」みたいなところがあるので家族っていう感じでもないのかなと思います。

Aさん ​金魚の方が家族と思ってるかもしれないです。1日1回餌をあげるんですけど、時々忘れて家族でテーブルでご飯を食べ始めたりすると、金魚がパシャーって水を蹴飛ばして、餌はどうしたみたいな感じで催促して来ます。
こっちのことわかっているのかなっていう感じはしますね。

Eさん 家族みたいな感じです。一人暮らしでペットがいるのが当たり前なのでいなくなると寂しい。亡くなったらもう1匹飼うと思います。

アンケート :「ペット」についてのアンケート調査

「ペット」について意見を聞きました。

対象:全国 女性・100名・20代~60代 

調査期間:2018年10月5日~10月9日

Q. あなたはペットを飼っていますか?

現在ペットを飼っていると回答したのは38%。
以前飼っていたという回答者は39%でした。
ペットを飼う経験をもつ人は、現在飼っている人と過去に飼っていた人を合わせて7割以上になります。

(単一回答)(単位 %)

Q. あなたが以前飼っていたことがあり、 現在は飼っていないペットをお答えください。

犬という回答が一番多く、40人、鳥類・猫・魚類と続きます。
「ペットは飼ったことがない」と回答した人が24人。
全体の約4分の1がペットを飼ったことがないと回答しています。

(複数回答)(単位 人)

Q.あなたが現在飼っているペットをお答えください。

「現在ペットを飼っていない」回答者が58人でした。
ペットを飼っている人の中では犬が一番多く19人、次いで猫、亀、魚類と続きます。
前問の「飼っていたことのあるペット」と一番多い回答は「犬」で共通していますが、2番目は「飼っていたことのあるペット」は鳥類、「現在飼っているペット」は猫という点が異なります。

(複数回答)(単位 人)

Q.あなたが今後飼いたいペットをお答えください。

「今後飼いたいペット」も犬が一番多く37人が回答、次いで猫が34人でした。
3番目に回答の多かったうさぎは犬・猫より少なく10人。鳥類、魚類、亀、爬虫類、昆虫は回答者が1桁でした。

(複数回答)(単位 人)

Q.あなたがペットを飼う理由をお答えください。(現在ペットを飼っていると回答した38名に質問)

「かわいいので」と回答した人が一番多く、32名でした。
「世話をすることが好き・楽しい」「家族のコミュニケーションの活性化のため」がそれぞれ15名で2番目に多い回答でした。

(複数回答)(単位 人)

Q.あなたがペットを飼う上で心配なことをお答えください。(現在ペットを飼っていると回答した38名に質問)

回答者全員が「健康管理・病気」を挙げています。
「飼い主が留守のときの世話」「食事」と健康に関連する回答が続きます。「その他」の回答も世話に関連する内容が挙がっています。

(複数回答)(単位 人)

Review

座談会:
メジャーと思われる犬・猫だけでなく、様々なペットを飼っている方が集まりました。

飼う経緯も様々でしたが、ペットのいる生活を知っている人が継続して飼っているという印象です。金魚やウサギなど声を出さない動物とも意思疎通している様子が印象的でした。

お世話の費用は月5000円~10000円超でした。ペットの医療費や保険料を払うかどうかが費用のあがるポイントであるように見受けられました。

アンケート:
2017年の一般社団法人日本ペットフード協会の調査※では、全国の犬の飼育頭数は約8,920千頭、猫の飼育頭数は約9,526千頭と推計され、猫の飼育頭数が犬の飼育頭数を上回っています。

しかし、今回のアンケートでは犬を飼っている人が一番多かったのが特徴的です。

ペットを飼う理由は「かわいいから」が一番多く、ペットの健康についてのお悩みが多いことからペットは「守ってあげたい」「守りたい」存在であることを感じました。

※https://petfood.or.jp/data/chart2017/index.html

本記事は、1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事です。無料で閲覧いただけます。

HERSTORY REVIEW WEBでは、掲載が1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事をWEBにて無料公開しています。過去にご紹介した様々な企業様の取り組みや商品開発、女性トレンド、多様な女性ニーズの傾向などのバックナンバー記事を掲載しています。最新の女性マーケットやトレンド情報を知りたい方は、HERSTORY REVIEWをお申し込みください。

HERSTORY REVIEWを詳しく見る

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーをトレンドセットでお届け!!

2020年11月の女性消費者キーワード「脱コロナ奮起 塗り替え消費」

HERSTORY REVIEW vol.40(2020年11月号)

税込5,000円

今年もあと2ヵ月。見通しの立たない不安感から高まるコロナ経済復興への意識。全国265人男女へのアンケート調査から見えてきたのは、助け合い、励まし合う相互扶助を求める気持ち。また、"コロナで始まりコロナで終わらせたくない"といった自分を奮い立たせる動きから、来年までにポジティブな気持ちに塗り替えるような消費者インサイトが見られました。HERSTORY REVIEWをお申し込みいただくとセミナー&調査データが無料でついてきます!!ぜひご覧ください。

女性視点マーケティング&トレンドレポート 『HERSTORY REVIEW』

女性トレンドを掴むならこれ1冊あればOK!女性マーケット最新情報を毎月お届け

HERSTORY REVIEW 定期購読のご案内

月払い 税込5,000円/月 /
年間一括払い 税込54,000円/年

HERSTORY REVIEWがあれば、もう女性のトレンド情報を探し回る必要はありません! 毎月、女性消費者トレンドとマーケットの動きをお届けします。
女性たちのリアルライフを知ることはお客様視点に立つ第一歩。最新の女性消費行動を知るため、ニーズをつかんだ商品開発のため、また社内研修などにもご活用いただけます。

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。