【座談会・アンケート】専業主婦から見た働き方改革とお金の再編(2017年6月号)

座談会・アンケート
2017 Vol.1
【座談会・アンケート】専業主婦から見た働き方改革とお金の再編(2017年6月号)

公開座談会:女性の仕事・お金について

【mission】専業主婦から見た働き方改革とお金の再編
3月の座談会テーマは「マネー・仕事」。30代・40代・50代の専業主婦5名にテレビやニュースで話題になっているプレミアムフライデーや女性活躍の動きについて話を聞きました。
調査方法:HERSTORY公開座談会※
調査日:2017年3月15日(水)
参加者:30~50代 都内在住女性5名

参加者プロフィール
Aさん 33歳、専業主婦、夫・子ども(小3息子)
Bさん 40歳、専業主婦、夫・子ども(小5息子)
Cさん 42歳、専業主婦、夫・子ども(小3娘、小1息子)
Dさん 44歳、専業主婦、夫・子ども(中学息子)
Eさん 52歳、専業主婦、夫

政府や経済界の主導で2月にスタートしたプレミアムフライデー。浸透は今一つ

Eさん 夫の職場で実施はありませんでした。早めに帰ってくると分かれば、外食を考えます。
Aさん プレミアムフライデー当日に、ショッピングモールにたまたま立ち寄りました。2000円以上を電子マネーで支払うと、くじ引き1回のチャンスのキャンペーンについつい便乗。買う予定のなかった子どもの上履きなど購入。主婦としては楽しいイベントでした。

対価を得る「仕事」だけでなく、女性たちは学校の役員・地域活動などに活躍の場所を見つけています

Bさん 職場の人間関係や休みが思うようにとれないことが不安なので、今は働きたいとは思いません。
Cさん 幼稚園の役員を務め、普段経験できない事が得られるので、勉強になります。今働くとしたら学童保育など放課後の子どものケアが必要です。
Dさん 地域活動が楽しく自分の生活リズムが出来たので今働くことは考えていません。

今抑えたい支出は食費だが、外食は家族でのレジャー・コミュニケーションの場。工夫しながら楽しみたい

Aさん 支出は食費が一番多い。家で食べると安くすんだのに、と思いつつ、家族のコミュニケーションとして外食が増えました。
Bさん 家族で外食をするならランチを選びます。予算は家族3人で3000円。夜だと倍の金額がかかるけど、ランチはスープやサラダが付くものなど安くてお得で家族時間に最適です。

WEBアンケート:家計の見直し

家計の見直しについてWEBアンケートを行いました。見直したいと考えている費目は食費が最も多く、公開座談会の発言での内容と全国の女性から同様の結果が得られました。
対象:全国 女性・179名(20~60代)
調査期間:2017年3月18日~24日

2017年家計の見直しを考えている費目(複数回答)

調査を終えて~HERSTORY'sEYE~

■娯楽費を見直し、家族の時間の過ごし方はお出掛けから、外食の2時間に変更。夕食よりは安くすませられる昼食に。食材費の見直しは一品買い足す惣菜を見直したい、という意見が出ました。食材費・外食費を見直したい理由は「一番見直しやすいから」「食材を使いきれなかったりお菓子を買ってしまったり無駄遣いを実感しているから」という回答が多数でした。

■よく聞かれる「一億総活躍」。活躍=就労ととらえられがちな中、女性たちは地域活動、PTA活動、趣味などの場で働かずともそれぞれに活躍している自負が感じられました。

本記事は、1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事です。無料で閲覧いただけます。

HERSTORY REVIEW WEBでは、掲載が1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事をWEBにて無料公開しています。過去にご紹介した様々な企業様の取り組みや商品開発、女性トレンド、多様な女性ニーズの傾向などのバックナンバー記事を掲載しています。最新の女性マーケットやトレンド情報を知りたい方は、HERSTORY REVIEWをお申し込みください。

HERSTORY REVIEWを詳しく見る

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーをトレンドセットでお届け!!

2021年2月の女性消費者キーワード「5大SNSを使い分ける女性たち LITFY『リトフィ』は生活必需ツール」

HERSTORY REVIEW vol.43(2021年2月号)

税込5,000円

コロナ禍を境に、明らかに「モノの価値から目に見えない情報が価値」の時代へと変わりました。
女性たちにとってSNSは、すでに生活必需ツールとして浸透しています。
今回は女性たちは5大SNSをどのように目的別に使い分けているのか、消費者とSNSの在り方に注目しました!

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。