【座談会・アンケート】遊びと学びにネット環境が不可欠。プログラミング教育が注目の時代へ(2019年9月号)

座談会・アンケート
2019 Vol.28
【座談会・アンケート】遊びと学びにネット環境が不可欠。プログラミング教育が注目の時代へ(2019年9月号)

公開座談会:遊びと学びにネット環境が不可欠。プログラミング教育が注目の時代へ

2019年7月の座談会は40代の方にお子様の学びと遊びについてお話を聞きました。
参加者プロフィール(年齢・居住地・職業・家族状況)

Aさん 東京都/40代、パートタイム勤務、夫、息子(公立小4)、娘(公立小2)

Bさん 神奈川県/40代、パートタイム勤務、夫、息子(公立小4)、娘(公立小1)

Cさん 東京都/40代、フルタイム勤務、夫、娘(私立中2)、娘(公立小5)

Dさん 東京都/40代、専業主婦、夫、息子(公立中2)、娘(公立中1)
平日はスマホやタブレット遊び、休日は家族や友人と外遊び

お子様はどんな遊びをしていますか?

Aさん 平日は5時まで学校で預かってくれる「学び遊び」という学童で校庭遊び。
宿題も見てもらえます。休日は、長男は夫と過ごしていて、長女は児童館や校庭開放に行き友だちと遊んでいます。

Bさん 平日、長男は習い事がない日は公園で基地ごっこや探検ごっこをしている様子。
また、お古のスマホにマインクラフトというゲームアプリをダウンロードして、友だちと攻略法を交換しているようです。

長女は「横浜市放課後キッズクラブ」に行っています。年間500円で5時まで預かってくれる学童で、校庭で遊べるほか宿題も見てもらえます。
家では、長女はYouTubeにハマっていて。ユーチューバーを真似てスマホで動画を撮っています。

休日は家族でアウトドアを。日帰りキャンプに行き、バーベキューや川遊びをしています。

Cさん 平日、長女は部活から帰ると、テレビを見ています。あとは、LINEゲームをしています。
中学受験を控えた次女は、勉強に追われて遊ぶ暇がありません。休日は、娘2人で図書館や児童館に。
夫がプロ野球好きなので、家族で観戦に行くこともあります。

Dさん 平日長男は、スマホや家庭用ゲーム機でゲームをしたり、YouTubeで動画を見たりしています。
「ヒカキン」や「はじめしゃちょー」、大食い動画やスライムを作る方法とか。
長女は液晶タブレットで絵や漫画を描いています。
休日、長男はバッティングセンターやテニスコートに行くことも。
外遊びをしてほしいけど、ボール禁止の公園が多く不審者も不安。

お子様の遊びについての不安は?

Cさん 事件や不審者が多く、気軽に公園に行かせにくくなりました。
遊具も減っているし、外で遊ぶチャンスが減っていますよね。

Bさん スマホがあれば1人で遊べるから、公園に子どもが少ないです。
いてもゲームをしているとか。YouTubeを見るだけで完結して、コミュニケーションが減っていますね。

Aさん 公園に行ってゲームをするなら行かなくていいと思うんです。
ただ、「ボール禁止」の公園も結構あるので、その点、自由に遊べる校庭開放の方がいいと思っています。

Dさん 今は公園に「ボール禁止」と書かれているので、できることがない。
それで公園にゲーム機を持ち込んでいる気もします。
学校の英語学習が物足りない。PCや園芸の授業がある学校も

学校での学びについて教えてください

Aさん 週1回、ネイティブの先生による英語の授業がありますが物足りなく感じます。
タブレットを使った学習もあるようですよ。

Bさん 来年から全学年PCを使った授業を週1回行うそうです。
あとは「縦割り学習」。1年生と6年生がペア学年になっていて、月に2~3回一緒に学習しています。長女はお姉さんができたようでうれしいみたいです。

Cさん 小学校は英語が週1回。
ただ、教科書に読み方がカタカナで印刷されていて、勉強にならないと問題視されています。長女が通う私立中学には畑があって、園芸の授業があるのが特徴です。

Dさん 道徳に力を入れているようです。
教科書をもとに即興劇を行い、それを見て意見を出し合っています。
塾の費用は1人あたり月に3~4万円。習い事は都度支払いシステムが気楽

塾や習い事について教えてください

Aさん 長男は週2、長女は週1で塾に通っています。
費用は、長男が月4万円と夏期講習は14日間で8万円。長女は、月2万円ほどと夏期講習4日間で2万8千円でした。
習い事は、長男は塾があるので週1回ずつですが、2人とも水泳とテニスをしています。

Bさん 長男の習い事はミニバスと週1回の空手。
どちらも月3千円程度です。長女は週1回チアリーダーのレッスンに通っていて、月5千円です。

Cさん 次女は今、週4日塾に通っています。
費用は月3万円くらい。夏期講習は、高学年になると10万円くらいかかります。

Dさん 塾に行っているのは長男だけ、週2回です。
2人とも月1~2回ジャグリングとダンス、一輪車、囲碁、英語を習っています。行ったときだけ費用を払うシステムなので気楽ですよ。
今注目は英会話とプログラミング。直接指導、オンラインに意見

今後始めさせたい習い事は?

Aさん 金額的にもお手軽なので、オンライン英会話を始めさせたいです。
ネイティブの方と話す機会を設けたいと思っています。

Bさん 長女が英語に興味を示しています。直接の会話が大事な気がするので、英語教室に通わせようかと。
長男は夏休みにプログラミング教室に通わせることを検討中です。

WEBアンケート :子どもの学びと遊びについてのアンケート調査

子どもの学びと遊びについて聞きました。

対象:全国 女性・156名(30代~70代)

調査期間::2019年7月8日~ 7月18日
中学生以下のお子さんの遊びについてお答えください。
※%は中学生以下の子どもがいる回答者の割合。

Q1お子さんはどのような遊びをしていますか。(平日)

(複数回答)

回答数が最も多かったものは「英語」、ついで「塾(受験準備のため)」「習い事はしていない」「水泳」と続きます。

その他の回答として、「バドミントン(1回答)」や「バスケット(1回答)」「スケボー(1回答)」など運動に関する習い事が挙げられています。

Q2 お子さんはどのような遊びをしていますか。(休日)

(複数回答)

休日の遊び方の回答として多かったのは「家族で出かける」でした。

YouTube視聴やゲームなど、平日と同様室内の遊びもあがりますが、「家族で出かける」「友だちと出かける」など休日になると外に出かけて遊ぶことが多い様子が分かります。

休日に児童館や学校の校庭開放を利用した遊びをすることもあるようです。
中学生以下のお子さんの習い事についてお答えください。
※%は中学生以下の子どもがいる回答者の割合。

Q3お子さんの塾・習い事の1カ月あたりの費用をお答えください。(お子さんが2名以上いらっしゃる場合は1人あたりのおおよその平均金額でお答えください。)

(単一回答)

最も多かった回答は「10000円以上30000円未満」(7.7%)でした。

ついで「5000円以上10000円未満」「習い事はしていない」が同じ割合(5.8%)で、「30000円以上50000円未満」(3.2%)と続きます。

Q4 お子さんの塾・習い事の1カ月あたりの費用をお答えください。(お子さんが2名以上いらっしゃる場合は1人あたりのおおよその平均金額でお答えください。)

(単一回答)

最も多かった回答は「10000円以上30000円未満」(7.7%)でした。

ついで「5000円以上10000円未満」「習い事はしていない」が同じ割合(5.8%)で、「30000円以上50000円未満」(3.2%)と続きます。

Review

座談会:
平日はスマホやゲームといった機器でひとり遊び、休日はショッピングなど家族や友人と外出して遊ぶことが多いようです。

ボール禁止となっている公園が多く、結局ゲームをしているという発言もあり、自由に外で遊ばせられないことを不満に思う方もいました。

習い事では、学校の英語教育だけでは満足できないという声が多く、今後、英会話を習わせたいと願う親の気持ちがありました。

アンケート:
座談会での発言同様、平日はスマホなどの機器で遊び、休日は外出して遊ぶことが多いようです。

習い事については、座談会で英会話を習わせたいと声があがったように、習わせているもので一番多いのが「英語」と、人気であることが分かりました。

また、数値として大きくはないですが、プログラミングを習わせている家庭もありました。
今後、小学校でのプログラミング授業の開始に備えて意識している家庭も多いのではないでしょうか。

本記事は、1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事です。無料で閲覧いただけます。

HERSTORY REVIEW WEBでは、掲載が1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事をWEBにて無料公開しています。過去にご紹介した様々な企業様の取り組みや商品開発、女性トレンド、多様な女性ニーズの傾向などのバックナンバー記事を掲載しています。最新の女性マーケットやトレンド情報を知りたい方は、HERSTORY REVIEWをお申し込みください。

HERSTORY REVIEWを詳しく見る

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーをトレンドセットでお届け!!

2020年12月の女性消費者キーワード「サステナブル意識消費」

HERSTORY REVIEW vol.41(2020年12月号)

税込5,000円

この1年で布マスクやエコバッグなどが広く普及し、女性消費者たちは一気にサステナブル意識を高め、SDGsへの認知も広がってきました。2021年に向けてサステナブル意識が大衆的な行動になってくる動きが見られることから、企業側にもサステナブル活動やSDGsへの取り組みが今後求められるでしょう。2021年に向けた12月の女性消費者動向は「サステナブル意識消費」に注目です!

女性視点マーケティング&トレンドレポート 『HERSTORY REVIEW』

女性トレンドを掴むならこれ1冊あればOK!女性マーケット最新情報を毎月お届け

HERSTORY REVIEW 定期購読のご案内

月払い 税込5,000円/月 /
年間一括払い 税込54,000円/年

HERSTORY REVIEWがあれば、もう女性のトレンド情報を探し回る必要はありません! 毎月、女性消費者トレンドとマーケットの動きをお届けします。
女性たちのリアルライフを知ることはお客様視点に立つ第一歩。最新の女性消費行動を知るため、ニーズをつかんだ商品開発のため、また社内研修などにもご活用いただけます。

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

Related Articles

関連する記事

Related Keywords

関連するキーワード