【ペルソナレポート】次世代ティーンウォッチ:ハッシュタグ「#LJK」「#制服〇〇」にみた情緒的価値(2019年7月号)

ペルソナレポート
2019 Vol.26
【ペルソナレポート】次世代ティーンウォッチ:ハッシュタグ「#LJK」「#制服〇〇」にみた情緒的価値(2019年7月号)
2022年からは18歳で成人、消費リーダー予備軍となるティーンズのリアルをウォッチしていきます。

ハッシュタグ「#LJK」「#制服〇〇」にみた情緒的価値

Instagram利用者は「ハッシュタグ検索」を使って興味のある投稿を探し、情報収集する。

プリントシール機で撮影した画像をInstagramに投稿する際にも、さまざまなハッシュタグがつけられる。

中でも「#制服プリ」は、女子高生にとって定番ハッシュタグとして人気だ。
制服姿で撮影したプリントシールを投稿する際に用いられる。他にも「#制服参戦」(制服を着て、イベント・催しや音楽ライブ等に参加すること)、「#制服〇〇」(〇〇にはテーマパークなど遊ぶ場所等が入る・写真1)など、制服と遊びを結合させたものも多くみられる。

女子高生には「制服」に対する特別な思いがあるのだ。

写真1有名テーマパークを訪れる「#制服◯◯」の写真

LJK(エル・ジェー・ケイ)という言葉をご存じだろうか。

LJKとは、Last(最後の)JoshiKoukousei(女子高生)、すなわち高校3年女子のことを指す。(ちなみにFirst(最初の)JoshiKoukousei(女子高生)はFJK、Second(2番目の)JoshiKoukouseiはSJKと略される)

この言葉は18歳女性の約9割に浸透しており(図1)、LJKをLJKらしく過ごした日々は彼女らにとって大事な思い出となっている。

この春高校を卒業した女子高生に「LJKでした思い出づくり」を尋ねたところ、「制服で写真を撮りまくった」「友達とたくさん自撮りをして「#LJK」とInstagramに投稿した」「プリの落書きに「#LJK」と書いた」「一つ一つの行事が終わるごとにいつメン(仲が良くいつも行動を共にするメンバー)やクラスで打ち上げをした(下写真)」

など、友達との学校生活の思い出を数多く写真に収める様子がうかがえる。
「LJKのうちにやっておけば良かったと思うこと」としては、特に制服に関することが多く挙げられた。

「もっと制服でどこかに行きたかった」「どんなときも制服でいたかった」「ルーズソックスも普通の靴下も、いろんなスタイルをやりたかった」「テーマパークなどに高校生らしく制服で行けばよかったと後悔」「制服〇〇は絶対やるべきだった(〇〇には、有名テーマパーク名称)」
など、制服で過ごしたLJK時代を名残惜しくすら感じている。

あるLJKは言う。「おそろい(のファッション)とか仮装も楽しいけど、JKブランドが終わったら、制服が仮装になっちゃう」。高校を卒業したら、もう制服は日常的に着ることはできない。

卒業後の進路選択や大学受験で貴重な高校生活を過ごしながら、当たり前のように毎朝会っていた友達と同じように遊ぶことができなくなる寂しさに気づくLJK。

Instagramに溢れる「#制服〇〇」は、そんな切ない来春へのカウントダウンを感じさせるからこそ、女子高生の共感をよんでいるのだ(下写真)。

(左) 「#JKブランド」「#卒業」「#悲しい」
というハッシュタグが並ぶ投稿
(右) 文化祭で「いつメン」で撮影した写真

長堀 恵子

フリュー株式会社 ガールズ総合研究所リサーチ部部長。
インハウスのマーケティングリサーチ組織を運営する傍らGIRLSをHAPPYにする知見を発信している。

フリュー株式会社 ガールズ総合研究所
東京都渋谷区鶯谷町2-3 COMSビル2F

https://www.furyu.jp/

女性視点マーケティング&トレンドレポート 『HERSTORY REVIEW』

女性トレンドを掴むならこれ1冊あればOK!女性マーケット最新情報を毎月お届け

HERSTORY REVIEW 定期購読のご案内

月払い 税込5,000円/月 /
年間一括払い 税込54,000円/年

HERSTORY REVIEWがあれば、もう女性のトレンド情報を探し回る必要はありません! 毎月、女性消費者トレンドとマーケットの動きをお届けします。
女性たちのリアルライフを知ることはお客様視点に立つ第一歩。最新の女性消費行動を知るため、ニーズをつかんだ商品開発のため、また社内研修などにもご活用いただけます。

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーを3大セットでお届け!!

2020年9月の女性消費者キーワード 「気にかけ合う身近消費」

HERSTORY REVIEW vol.38(2020年9月号)

税込5,000円

緊急事態宣言が明けてからの人々の日常活動の復活によって、再び、感染者増加。 秋から冬にかけては年中行事やイベント事も多い季節となります。感染防止行動の中、季節感を取り入れた消費喚起ができるのか。秋の消費傾向をレポートにまとめました。今月号からHERSTORY REVIEWをお申し込みいただくとセミナー&調査データが無料でついてきます!!ぜひご覧ください。

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。