【次世代ティーンズウォッチ】「盛る」の変化に応えるカラーコンタクトレンズ(2019年5月号)

ペルソナレポート
2019 Vol.24
【次世代ティーンズウォッチ】「盛る」の変化に応えるカラーコンタクトレンズ(2019年5月号)
2022年からは18歳で成人、消費リーダー予備軍となるティーンズのリアルをウォッチしていきます。

「盛る」の変化に応えるカラーコンタクトレンズ

2000年代、ギャル文化の脇役として広まったカラーコンタクトレンズ (以 下、カラコン) 。約20年経った今、カラコンのイメージは様変わりしている。 最新の調査で最も人気があるデザイ ンは、濃茶で外径にぼかした輪郭を施した「ナチュラル系フチなしレンズ」だ。 10~20代のカラコン使用者のうち、2 割以上が直近3か月以内に「ナチュラル 系フチなしレンズ」を使用しており、装着前後の印象変化が比較的少ないのが人気の要因。派手すぎない自然なデザインで、学校やオフィススタイルにもマッチする(図1)。

図1 カラコン使用者の好むレンズデザイン

フリュー株式会社「GIRLS’TREND 研究所」調べ(2018年)
調査年月:2018年3月 
回答者:355名

カラコン通販サイト『Mew contact』 で最も人気のある「LuMia」シリーズは、 “私らしく、輝く”がキャッチコピーの商品。淡い色味や細かなドットで“裸眼風”を作り出すことができ、カラコンを装着していながらも、 “自分らしさ”を損ねない点が受け入れられている。
 しかし、それではそもそも装着する意味がないように感じるのではないだ ろうか。 2000年代は、「盛る」という言葉が流行ったように、ギャルは黒目を実際 よりも「大きく見せる」ためにカラコンを装着していた。デザインも、より色濃く、外径に太い輪郭が施されたものが主流であり、装着することで別人になれるほどにかわいく変身することができた。ただし、それは“ごく一部”の人が好むオシャレアイテムに過ぎなかった。 それが今、カラコンの使用経験率は 10~20代の約4割(フリュー調べ)と、 “一般的”に女性が使う身だしなみアイ テムとしても浸透・定着し始めており、 特に「ナチュラル系フチなしレンズ」を 選ぶカラコン利用者にとっては、「別人 級のかわいさ」よりも、「魅力を高める」 ことや「装着前後に違和感がなく日常に溶け込むこと」が重要なのだ。

裸眼風で“自分らしさ”を損 ねない LuMiaシリーズ。

左:淡い色味と細かなドッ トが特徴 
中央:装着前 
右:装着後

 「盛る」は言葉の意味自体も変化している。  かつては「大きく見せる」「ボリュームアップする」という意味であったが、 今では「魅力的な状態になる」のような、より広義なニュアンスで用いられる。カラコンも、言葉や文化と同じよ うに変化しているのである。

大木絵里子

プリントシール機シェアNo.1のフ リュー株式会社で『ガールズ総合研究所』に所属。定性・定量調査等から 日々ガールズの感情や行動を分析 し、社内外に情報発信を行う。
フリュー株式会社 東京都渋谷区鶯谷町2-3 COMSビル2F http://www.furyu.jp/

女性視点マーケティング&トレンドレポート 『HERSTORY REVIEW』

女性トレンドを掴むならこれ1冊あればOK!女性マーケット最新情報を毎月お届け

HERSTORY REVIEW 定期購読のご案内

月払い 税込5,000円/月 /
年間一括払い 税込54,000円/年

HERSTORY REVIEWがあれば、もう女性のトレンド情報を探し回る必要はありません! 毎月、女性消費者トレンドとマーケットの動きをお届けします。
女性たちのリアルライフを知ることはお客様視点に立つ第一歩。最新の女性消費行動を知るため、ニーズをつかんだ商品開発のため、また社内研修などにもご活用いただけます。

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーを3大セットでお届け!!

2020年9月の女性消費者キーワード 「気にかけ合う身近消費」

HERSTORY REVIEW vol.38(2020年9月号)

税込5,000円

緊急事態宣言が明けてからの人々の日常活動の復活によって、再び、感染者増加。 秋から冬にかけては年中行事やイベント事も多い季節となります。感染防止行動の中、季節感を取り入れた消費喚起ができるのか。秋の消費傾向をレポートにまとめました。今月号からHERSTORY REVIEWをお申し込みいただくとセミナー&調査データが無料でついてきます!!ぜひご覧ください。

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

Related Articles

関連する記事

Related Keywords

関連するキーワード