【マーケターインタビュー】使命はペットの幸せな一生をサポートすること。小さな命の重みを社会に問いかける(2018年12月号)

マーケターインタビュー
2018 Vol.19
【マーケターインタビュー】使命はペットの幸せな一生をサポートすること。小さな命の重みを社会に問いかける(2018年12月号)
ペットブームとともに拡大を続けてきたペット市場。

年々多様化する顧客ニーズに応じて、さまざまな商品の販売や動物病院の運営、トリミング、ホテル事業など、幅広いサービスを提供する業界のリーディングカンパニーがイオンペットだ。

多角的な業務に携わる一方で、犬、猫の殺処分問題の解決にも積極的に取り組む同社の辻晴芳社長に、業界の課題や今後の展望を聞いた。

イオンペット株式会社
代表取締役社長  辻 晴芳(つじ はるよし)

1978年ジャスコ株式会社(現イオン株式会社)入社。複数店舗の店長・部長職を歴任後、2005年同社戦略部長。2015年イオンリテール株式会社取締役専務執行役員 東海・長野カンパニー支社長に就任。2018年5月より現職。
「ペットブーム」という言葉が使われるようになって久しいが、近年のペットの飼育頭数は、犬が減少、猫は横ばいで、全体としてみると実は減少傾向にある。

この大きな要因の一つに、人間と犬の高齢化があると考えられる。20年ほど前には犬(中型犬)の寿命は8年ほどだったが、今は倍近い15年に延びたという話を聞く。
犬や猫を飼おうと思っても、飼い主自身が高齢になれば、最後まで世話ができないかもしれないと、飼うことをあきらめるケースがあることなどが理由だ。

また、犬が減少した背景には、散歩など、猫に比べて世話に手間がかかることや、コスト面で猫を上回ることなどが挙げられ、こうしたことが全体の飼育頭数の減少につながっていると考えられる。

飼育頭数減少の一方、ペットにかける費用は年々増加

一方で、頭数の上では減少傾向となっているものの、ペット業界を取り巻く市場規模は約1.5兆円と大きく、年率1~2%ずつ成長を遂げている。

その理由は、ペット1頭当たりにかけるコストが増加しているからだ。
具体的には、食事内容の改良や医療の進歩などが挙げられる。それらの要因に加え、ペットの室内飼育化が進んで感染症や事故のリスクが軽減され、前述のようにペットの寿命が大きく延びたこともコスト拡大の要因。

さらにはペットが「家族の一員」として大切に飼われるようになったことも大きく影響しているだろう。

ペットの幸せを第一に、きめ細やかなサービスを提供

このように、ペットを取り巻く環境が大きく変化し、よりきめ細やかなサービスが求められる時代を迎えた。

今年創業20年を迎える当社は、ペットの幸せをサポートする国内最大のペットビジネスカンパニーとして、幅広いサービスを展開している。
具体的には、ペットの健康に配慮したフード類や日用品といったこだわりの商品を幅広く取りそろえるペット用品の販売を筆頭に、全国に展開する動物病院、日本最大級のトリマー在籍数を誇るトリミングサービス、一時預かりを含めたホテルサービスなどを展開。

さらには、高齢ペットの介護ケアサービスや、葬儀紹介に至るまで、ペットに関するあらゆるサービスを総合的に提供しているのが特徴だ。

また、生体の販売については、イオンペットの直営では行っていないが、お客様のニーズに応えるため、信頼できる業者に協力いただいて実施している。

幕張新都心店のライフハウス。キャットタワーが設置され、猫たちが楽しく過ごせるつくりになっている

救える命をひとつでも、 できることを一歩から

このように、「ペットの幸せな一生をサポートすること」を使命とする企業として、正面から向き合わなければならない問題がある。

それは、衝動買いや安易な飼育放棄など、さまざまな理由で捨てられてしまうペットがいること。日本国内では、自治体やNPO、飼い主の努力などにより殺処分される犬や猫の数は大幅に減少しつつあるものの、いまだに年間5.6万頭(※平成28年度環境省統計)の殺処分があり、欧米に比べてまだまだ多いのが現状だ。

そこで、大切な命を少しでも救いたいとの思いから2008年に始めたのが、保護犬、保護猫の新しい家族を探す「ライフハウス」の活動。「救える命をひとつでも、できることを一歩から」という理念で、行政と協力して命を救う取り組みを行っている。

具体的には、施設に保護された犬や猫を引き取り、店頭やホームページで情報を公開して新しい家族と引き合わせる。その際、しつけや避妊、去勢手術など必要な治療を施し、新たな飼い主の適正などを審査した上で無償で譲渡するという仕組みだ。

現在、全国217店舗のうち、12の店舗でこの取り組みを行っている。ショッピングモールなどにある私たちの店舗で展開することにより、この問題に注目していなかった人も含めて、より多くの方にペットを取り巻く深刻な問題を知っていただけると同時に、新しい家族との出会いのチャンスが広がるのではないかと考えている。

そういった意味で、私たちが持つポテンシャルをうまく活かせる活動かもしれないと考えている。

ペテモ品川シーサイド店のライフハウス

殺処分を減らすには、自治体と連携して取り組むことが必要

「ライフハウス」の活動に取り組む中で、こういった問題の解決のためには、自治体との連携が不可欠であることを実感した。

行政機関と保護動物の譲渡だけにとどまらず、犬や猫のしつけ、殺処分ゼロを目指した啓発活動など、幅広い協力体制の構築に向けた包括的な取り組みが必要だ。

自治体が民間企業と提携するのは難しい部分もあると思うが、社会問題解決のために、我々、民間のノウハウを活用していただきながら、一緒に小さな命を救う活動を展開できたらと考えている。

次の20年に向けて、ペット産業の未来を見据える

私たちが見据えるのは次の20年。
より一層、ペットの健康や長寿命につながる商品やサービスの提供にも注力していかねばならないし、あらゆる悩みを解決できる企業でありたいと願っている。

ペット産業は、個人等小規模の業態の会社が多いので、ともに手を携えて提携していくなど、ネットワークをつくっていけたらとも考えている。

飼い主のみなさんにはイオンペットに相談すれば解決できる、安心だと思っていただけるように、より一層の努力を積み重ねていきたい。

インタビュー後記

取材当日、社長室に通されると、ガラス壁の向こうに社内で一緒に暮らす猫・ひまわりちゃんのお部屋が視界に飛び込んできた。

本社オフィスには、3匹の犬・猫が「社員犬」「社員猫」として在籍しているとのこと。ほっこり気分で仕事ができそうな環境はうらやましい。少子高齢化の中、家族の一員として大切な存在になってきたペットたち。

しかし、育てていく・暮らしていくには一つの命として様々な課題が生まれる。
殺処分ゼロへの活動や、保護犬・猫の新しい家族を探す「ライフハウス」の活動を知り、もっともっと多くの人に知っていただきたい取り組みと強く感じた。
Interviewer
株式会社ハー・ストーリィ 代表取締役
日野 佳恵子

本記事は、1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事です。無料で閲覧いただけます。

HERSTORY REVIEW WEBでは、掲載が1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事をWEBにて無料公開しています。過去にご紹介した様々な企業様の取り組みや商品開発、女性トレンド、多様な女性ニーズの傾向などのバックナンバー記事を掲載しています。最新の女性マーケットやトレンド情報を知りたい方は、HERSTORY REVIEWをお申し込みください。

HERSTORY REVIEWを詳しく見る

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーをトレンドセットでお届け!!

2020年11月の女性消費者キーワード「脱コロナ奮起 塗り替え消費」

HERSTORY REVIEW vol.40(2020年11月号)

税込5,000円

今年もあと2ヵ月。見通しの立たない不安感から高まるコロナ経済復興への意識。全国265人男女へのアンケート調査から見えてきたのは、助け合い、励まし合う相互扶助を求める気持ち。また、"コロナで始まりコロナで終わらせたくない"といった自分を奮い立たせる動きから、来年までにポジティブな気持ちに塗り替えるような消費者インサイトが見られました。HERSTORY REVIEWをお申し込みいただくとセミナー&調査データが無料でついてきます!!ぜひご覧ください。

女性視点マーケティング&トレンドレポート 『HERSTORY REVIEW』

女性トレンドを掴むならこれ1冊あればOK!女性マーケット最新情報を毎月お届け

HERSTORY REVIEW 定期購読のご案内

月払い 税込5,000円/月 /
年間一括払い 税込54,000円/年

HERSTORY REVIEWがあれば、もう女性のトレンド情報を探し回る必要はありません! 毎月、女性消費者トレンドとマーケットの動きをお届けします。
女性たちのリアルライフを知ることはお客様視点に立つ第一歩。最新の女性消費行動を知るため、ニーズをつかんだ商品開発のため、また社内研修などにもご活用いただけます。

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。