【特集】愛読者の社員が興奮のあまり企画!懐かしさに訴える少女漫画誌とのコラボ雑貨(2019年8月号)

女性マーケティング特集
2019 Vol.27
【特集】愛読者の社員が興奮のあまり企画!懐かしさに訴える少女漫画誌とのコラボ雑貨(2019年8月号)

新・オタク大衆化商品

今や「オタク」は、アニメや漫画のファンに限ったものではなく、何らかに熱中していれば「オタク」とみなされる。そのグループは共通の興味関心で細分化され、「同じ興味関心に属す=同属」と表現してみたい。

2019年4月、「ライブなどのチケットやグッズの購入費は年間8万円」とするぴあ総研の調査結果が公表されると、ネット上では「8万円で済むわけがない」という意見が飛び交った。コアなファン、つまりオタクとなると、趣味のためには惜しみなく消費する様子がうかがえる。

今回は狭義のオタクに限らず、文房具、フィットネスなどにも幅を広げ、同属で熱中する女性の消費行動とビジネスのポイントを追った。

同属女子が共感する3つのポイント

①同属だけで集まり、好きや目的を共有する空間
②企業担当者も同属。当事者のニーズをくみ取る
③企業がSNSなどで同属歓迎の熱意を発信

DATA

約4割もの女性が趣味にかけたお金を「30万円以上」と回答

ライブなどの鑑賞で一緒にグッズを購入することも多く、好きなものにはとにかくお金をかける様子が見える

(%:n=各セルのライブ参加者)

【ベルメゾン】元愛読者の社員が興奮のあまり企画! 懐かしさに訴える少女漫画誌とのコラボ雑貨

80年代の手描きイラストを蘇らせたい

ここ数年、少女漫画のリバイバルブームが続いている。ブームで盛り上がっているのは、当時の読者で現在は大人になった「元・乙女」たち。集英社の少女漫画誌『りぼん』の展覧会「りぼんのふろく展」に足を運んだ、株式会社千趣会キャラクターユニットの上本祐子さんもその一人だった。

「とにかく激しく心を揺さぶられました。大人になった今でも十分かわいい当時の手描きイラストを今の時代に蘇らせ、全国の女性と懐かしさを共有したい! と思いました」。上本さんの「りぼん愛」は収まらず、直接りぼん編集部へ赴いた。

こうして2018年8月に始まったのが、千趣会が運営する「ベルメゾン」と『りぼん』のコラボ企画だ。数々のコラボグッズを発売し、第3弾まで続いている。

ベルメゾンと集英社の少女漫画誌『りぼん』のコラボグッズ。ブックカバー、スマートフォンカバーなどこれまでに約25種類を発売した

懐かしいけど恥ずかしくないデザイン

企画では、漫画家の池野恋さんや岡田あ~みんさんなど、1980年代の『りぼん』のふろくや作品で使われたイラストを起用した雑貨約25種類を発売した。弁当箱、スマートフォンカバーなど普段使いできるアイテムや、卓上カレンダーや文具セットなど当時のふろくを思い起こさせるアイテムもある。

ラインアップは「大人になった今、欲しいもの」を意識したという上本さん。りぼんを読んでいた当時憧れた「抽選プレゼント」をイメージした特別感や、「フリマアプリで荷物を送る人が増えているから、宛名が書き込めるスタンプがあると喜ばれそう」など、現代だからこそのニーズを考えた。デザイン面では、「ふろくの懐かしさを呼び起こしつつ、大人が持っていても恥ずかしくないデザインを心がけた」という。

また、大切にしたのは企画の原点である「イラストを蘇らせたい」。当時の手描きイラストの細やかさを伝えたい一心でデザインの女の子のほっぺたの淡いピンクが消えないように注意しました」とこだわりを語るとおり、ファンの当事者が担当したからこそ追求できたクオリティーがうかがえる。

箸とスプーンがセットの弁当箱(2990円・税込)は4か所でロック、中身がつぶれにくいドーム型のフタなど機能性も重視。ステンレスボトルやコップといった他商品も同じ漫画家でそろえたくなる 

何個も買い、何度も注文する元・乙女

購入者はほとんどが30代後半~40代の女性。1980年代に『りぼん』に夢中になった、上本さんと同世代の女性たちだ。 

特徴的なのは、その多くがりぼんコラボ商品のみを購入している点。初めてベルメゾンの会員登録をした新規率は他の企画の2倍以上だった。企画が新規顧客とベルメゾンとの接点を作っている。また、「使う用」「飾る用」など同じ商品を複数購入する人や、商品が届いて実物を見た興奮から2回、3回と注文を重ねる人も多いという。

第1弾は上本さんが一人で商品企画のほとんど全てを担当し、第2弾、第3弾では他のりぼんファンのメンバーも加わった。制作中、感動のあまり涙するメンバーもいた。作り手の熱意がこもったグッズの数々が、消費者の共感を呼んでいるのではないだろうか。

今年7月中旬には池野恋さんをフィーチャリングした新商品を発売予定。ベルメゾン×りぼんグッズは「懐かしさ」という情緒をくすぐり、元・乙女たちの支持を集めている。

岡田あ~みんさんのイラストを起用したスマートフォンカバー(2000円・税込)は黒が基調のシックなデザイン。写真のモデルは上本さん自身が務めた

株式会社千趣会 ベルメゾン


大阪府大阪市北区同心1-6-23
PHONE:06-6881-3100
https://www.bellemaison.jp/
特集「新・オタク大衆化商品」 取材記事一覧

【Case1】 対象属:アニメ、漫画、アイドル
南国風の部屋と大画面で「推し」を満喫。オタク女子が居続けたくなるホテル

【Case2】 対象属:アニメ、漫画、アイドル
新規事業はニッチな市場に活路を見いだす。オタク社員の声で便利グッズ開発

【Case3】 対象属:文房具
初開催で2万5千人が訪れた文具女子の祭典! 文具愛をメーカーに告白できる場所

【Case4】 対象属:少女漫画
愛読者の社員が興奮のあまり企画!懐かしさに訴える少女漫画誌とのコラボ雑貨

【Case5】 対象属:筋肉
美・筋肉づくりにハマる女子急増! 剣道&暗闇など新ハードトレーニング続々
取材・文/長濱有莉、水沼遥、大橋博之、上田恭子、佐藤理香

本記事は、1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事です。無料で閲覧いただけます。

HERSTORY REVIEW WEBでは、掲載が1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事をWEBにて無料公開しています。過去にご紹介した様々な企業様の取り組みや商品開発、女性トレンド、多様な女性ニーズの傾向などのバックナンバー記事を掲載しています。最新の女性マーケットやトレンド情報を知りたい方は、HERSTORY REVIEWをお申し込みください。

HERSTORY REVIEWを詳しく見る

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーをトレンドセットでお届け!!

2020年11月の女性消費者キーワード「脱コロナ奮起 塗り替え消費」

HERSTORY REVIEW vol.40(2020年11月号)

税込5,000円

今年もあと2ヵ月。見通しの立たない不安感から高まるコロナ経済復興への意識。全国265人男女へのアンケート調査から見えてきたのは、助け合い、励まし合う相互扶助を求める気持ち。また、"コロナで始まりコロナで終わらせたくない"といった自分を奮い立たせる動きから、来年までにポジティブな気持ちに塗り替えるような消費者インサイトが見られました。HERSTORY REVIEWをお申し込みいただくとセミナー&調査データが無料でついてきます!!ぜひご覧ください。

女性視点マーケティング&トレンドレポート 『HERSTORY REVIEW』

女性トレンドを掴むならこれ1冊あればOK!女性マーケット最新情報を毎月お届け

HERSTORY REVIEW 定期購読のご案内

月払い 税込5,000円/月 /
年間一括払い 税込54,000円/年

HERSTORY REVIEWがあれば、もう女性のトレンド情報を探し回る必要はありません! 毎月、女性消費者トレンドとマーケットの動きをお届けします。
女性たちのリアルライフを知ることはお客様視点に立つ第一歩。最新の女性消費行動を知るため、ニーズをつかんだ商品開発のため、また社内研修などにもご活用いただけます。

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

Related Articles

関連する記事

Related Keywords

関連するキーワード