【特集】 平成からの越境トレンド、令和の商品開発「食」(2019年7月号)

女性マーケティング特集
2019 Vol.26
【特集】 平成からの越境トレンド、令和の商品開発「食」(2019年7月号)
毎号8カテゴリーのトレンドを紹介する「今キテる!トレンドレポート」。

今回は、2018年4月号(vol.11)~2019年5月号(vol.24)の平成ラスト期に取り上げた中から今でも続いているキーワードをピックアップ。そこから見えてくる傾向を分析する。

女性たちは今、どういったものに関心があり、背景にはどういった理由があるのか?令和はどうなっていくのか?カテゴリーごとに紐解いていく。

キーワード

平成ラスト期(2018年4月号~2019年5月号)にトレンドレポートで取り上げた中から、特に今でもトレンドが続いているもの、注目されているものをピックアップ
2018年4月号(vol.11)掲載
▶ヴァンナチュール

2018年6月号(vol.13)掲載
▶カリフラワーライス

2018年7月号(vol.14)掲載
▶BEYOND TOFU

2018年8月号(vol.15)掲載
▶ボトルドリンク
▶サラダフィッシュ

調理加工済みで骨がないためそのままサラダなどの具として使えるサラダフィッシュ
良質なタンパク質やEPAなどを手軽に摂取できる

2018年9月号(vol.16)掲載
▶フードシェアリング

2018年10月号(vol.17)掲載
▶カラータピオカ
▶サバ加工品


2018年11月号(vol.18)掲載
▶プロテインボール
▶機能性炭酸水

砂糖・添加物・グルテン不使用、植物性由来のプロテインを加えたプロテインボール
運動後のおやつや疲労回復に適したスイーツ

2018年12月号(vol.19)掲載
▶スパイスレシピ

2019年1月号(vol.20)掲載
▶グルテンフリーケーキミックス
▶イワシ缶

サバ缶に続き登場したイワシ缶
EPAやカルシウム含有量はサバ缶を上回る。サバよりもにおいが気にならない点もうけた

2019年3月号(vol.22)掲載
▶くばらの鍋つゆ
▶冷凍タピオカ
▶無印良品 冷凍食品
▶キャベツライス
▶青じそチューブ


2019年4月号(vol.23)掲載
▶ライスジュレ

2019年5月号(vol.24)掲載
▶味噌パウダー
▶プロテインシリアル

まとめ

上記のトレンドキーワードをまとめ、見えてくる消費者の志向や、女性たちのあいだで起きている流れを解説

アスリート気分を極める

消費者は自分の体を極めるアスリートになったかのように、本格的に高栄養素を追い求める傾向にあった。

サラダフィッシュ、サバ缶に加え、ヨーグルトやチーズケーキといったデザートにまでも高タンパク質が取り入れられていることがうけた。パッケージにもこの兆しが見られ、プロ感があるモノトーンや強い字体を使用したデザインがよりヒットした。

ただし、手間はかけない。手軽においしくという思いは依然として強い。

(左)BEYOND TOFU
(右)高タンパク質食品

和調味料の形状進化

本来ペースト状の味噌がパウダー状に、刻む必要があった青じそがチューブ状に、といった形状が進化した調味料が人気の傾向にあった。

和の調味料や薬味が体に良いことは分かっていても、保存方法に気を使ったり、使用する際にひと手間かかる時間を省きたかった。パウダー状の味噌であれば水に溶かす時間を短縮でき、チューブ状の薬味であれば刻む必要がなく、さらに保存の際、冷蔵庫でのにおいが気にならなくなるといった利便性がうけた。

(左)青じそチューブ
(右)味噌パウダー

背景

背景にある女性の気持ちや状況を説明
◆手間をいかに省けるか。無駄な時間を一切なくしたい

◆効率良く高い栄養素を摂取するヘルスパフォーマンス

令和前半のトレンド予測

今の流れを受けて、今後拡大が予想される女性のトレンドや強まる価値観、企業への期待値を予測
◆外食での満足度の高い料理を自宅で食べる「持ち運びディッシュ」が主流に。ウーバーイーツといったサービスが後押しする

◆世の中の生産性を上げる風潮からも時間がなにより大切という価値観に。自宅で栄養価の高い料理を簡単に作れるミールキットの需要が伸びる

令和の商品開発(他カテゴリへのリンク)

女性視点マーケティング&トレンドレポート 『HERSTORY REVIEW』

女性トレンドを掴むならこれ1冊あればOK!女性マーケット最新情報を毎月お届け

HERSTORY REVIEW 定期購読のご案内

月払い 税込5,000円/月 /
年間一括払い 税込54,000円/年

HERSTORY REVIEWがあれば、もう女性のトレンド情報を探し回る必要はありません! 毎月、女性消費者トレンドとマーケットの動きをお届けします。
女性たちのリアルライフを知ることはお客様視点に立つ第一歩。最新の女性消費行動を知るため、ニーズをつかんだ商品開発のため、また社内研修などにもご活用いただけます。

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーを3大セットでお届け!!

2020年9月の女性消費者キーワード 「気にかけ合う身近消費」

HERSTORY REVIEW vol.38(2020年9月号)

税込5,000円

緊急事態宣言が明けてからの人々の日常活動の復活によって、再び、感染者増加。 秋から冬にかけては年中行事やイベント事も多い季節となります。感染防止行動の中、季節感を取り入れた消費喚起ができるのか。秋の消費傾向をレポートにまとめました。今月号からHERSTORY REVIEWをお申し込みいただくとセミナー&調査データが無料でついてきます!!ぜひご覧ください。

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

Related Articles

関連する記事

Related Keywords

関連するキーワード