【注目ビジネス】クローゼットの中身の把握&着回しの悩み解消!AIが手持ち服のコーデを自動提案するアプリ(2019年3月号)

女性マーケティング特集
2019 Vol.22
【注目ビジネス】クローゼットの中身の把握&着回しの悩み解消!AIが手持ち服のコーデを自動提案するアプリ(2019年3月号)

AIが手持ち服のコーデを自動提案するアプリ

クローゼットの中身の把握&着回しの悩み解消!

株式会社STANDING OVATION

Company Data

株式会社STANDING OVATION
東京都渋谷区神南1-9-10 番匠ビル4F
PHONE:03-6447-1723
SITE:http://www.s-ovation.jp/

着回しに悩む女性に応えるアプリ

女性がついついしてしまう「衝動買い」。特にファッションアイテムは、「買ったものの、手持ちの服との組み合わせがわからない」という事態に陥ることも。そんな悩みに応えるアプリがユーザー数を伸ばしている。AIが手持ちの服の着回しを自動的に提案してくれるアプリ「XZ(クローゼット)」を展開する、株式会社 STANDING OVATION 代表取締役・荻田芳宏さんを取材した。

「クローゼットの中身を見える化し、持っている服を有効活用できるフォローができれば、日々の着回しが楽になると考えました」と話す荻田さん。手持ちの服と合う本当に必要なアイテムが把握できれば、無駄な買い物から脱却でき、日本国内で年間約33億着分の洋服が処分されている課題の解決にも通じると見ている。

AIが手持ち服の着回しを自動提案

XZは手持ちの服の写真を登録すると、ユーザーがいる地域の天気や気温も加味しながら、その服を使ったコーディネートを提案する。同じアイテムで複数の提案があり、自分では思い浮かばなかった新しい着回しを発見できる。コーディネートの横には近しい着こなしのスナップショットが添えられ、イメージの参考にも。スナップショットはXZが連携しているアパレルのオンラインショップに掲載されたもので、AIがこれらの写真を日々解析・蓄積することで、おしゃれかつトレンドを取り入れた提案が可能になっている。ユーザーが「提案が好みではない」というフィードバックをすることもでき、AIはユーザーの好みも学習していく。

パーソナライズ化の強化を視野に

2014年のリリース以降、クローゼット開設・保有者は30万人、登録アイテム数は800万点を超える。利用時間のピークは朝晩で、「明日は何を着るか」「今日は何を着るか」と考える場面で参考にしていることがうかがえる。筆者自身も、新しい洋服を買う場面で「今ある服と合わせられるか」という確認をXZで行い、無駄な買い物を防げている。
今後は選択できる好みのテイストの細分化や、肌の色み(パーソナルカラー)や体形も考慮した自動提案を行い、よりパーソナライズ化を進めたいと荻田さんは語る。さまざまなECサイトでの購入履歴をXZに反映する仕組みの導入も検討中で、実現すれば手持ちの服のオンライン化がさらに手軽になる。「店頭や他社ECサイト内での提案にも活用したい」とのことで、XZが広まるほど女性の日々の着回しや買い物はより楽で楽しいものに進化していきそうだ。

(左)カレンダー機能で日々の着回しを記録すると、よく着ている服が一目瞭然となる

(右)手持ちの服に未所持の服を組み合わせたコーディネート提案もあり、必要なアイテムや新しい着方の発見ができる

Review

ファッションスナップのサービスや雑誌の着回し特集は多数あるが、「私が持っている服でできる着回し」を提案するのがこのアプリ。ユーザーの課題を現実的に解決するサービスは心強い味方になる。
取材・文/長濱有莉

<関連記事>

本記事は、1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事です。無料で閲覧いただけます。

HERSTORY REVIEW WEBでは、掲載が1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事をWEBにて無料公開しています。過去にご紹介した様々な企業様の取り組みや商品開発、女性トレンド、多様な女性ニーズの傾向などのバックナンバー記事を掲載しています。最新の女性マーケットやトレンド情報を知りたい方は、HERSTORY REVIEWをお申し込みください。

HERSTORY REVIEWを詳しく見る

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーをトレンドセットでお届け!!

2021年2月の女性消費者キーワード「5大SNSを使い分ける女性たち LITFY『リトフィ』は生活必需ツール」

HERSTORY REVIEW vol.43(2021年2月号)

税込5,000円

コロナ禍を境に、明らかに「モノの価値から目に見えない情報が価値」の時代へと変わりました。
女性たちにとってSNSは、すでに生活必需ツールとして浸透しています。
今回は女性たちは5大SNSをどのように目的別に使い分けているのか、消費者とSNSの在り方に注目しました!

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。