【注目ビジネス】飼い猫の脱走や災害時に備える 迷い猫の位置を特定できるITサービス(2018年12月号)

女性マーケティング特集
2018 Vol.19
【注目ビジネス】飼い猫の脱走や災害時に備える 迷い猫の位置を特定できるITサービス(2018年12月号)

【Feature】 衣食住+娯楽を共にするペット

核家族化・少子化を背景に、ペットが家族の一人としての役割を果たすようになった。一般社団法人ペットフード協会の調査によれば、飼育頭数は犬が減少傾向、猫は横ばいにあるが、総務省の家計調査を見ると1世帯あたりのペット関連支出は増加傾向にある。ペットのための出費は惜しまず(下図1)、特に35~59歳の単身女性はペットに消費しているという結果もある(下図2)。ペットと衣食住・娯楽を共に楽しむため、ニーズが高まるペット向けサービスを取材した。
(取材・文/長濱有莉)

飼い主の心をつかむサービス4つのポイント

1.日常も季節イベントもペットと一緒に楽しめる
2.ペットを第一に考える細やかな接客態度
3.ペットを通じて他者との交流が生まれる
4.異業種のノウハウの応用で新鮮さがある

飼い猫の脱走や災害時に備える【迷い猫の位置を特定できるITサービス】

Company Data

株式会社オープンストリーム
東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル9階
PHONE:03-4589-8800
https://www.opst.co.jp/

(左)発信機を付けた猫を探すサービス「ねこもに」のiPhoneアプリ画面

猫が迷子になる前に対策を

猫が迷子になったり、震災時にはぐれてしまったりすることがある。

特に室内飼いの猫が誤って外に出てしまうと、飼い主の家に自ら帰ることができず、迷い猫になってしまう。何か対策を打っておけば良かったと後悔する声もある。

株式会社オープンストリームは迷い猫の位置を特定できるITサービス「ねこもに」を2017年6月に開始。サービス内容を取材した。

猫捜索に特化した発信機・機能設計

ねこもには猫の首輪に付ける発信機とiPhoneのアプリで構成されている。

発信機を購入しiPhoneに専用アプリをインストールした後、発信機とiPhoneを接続(ペアリング)して使用する。猫が逃げ出した際、半径75m以内に猫がいれば発信機が放出するBluetoothの電波をキャッチし、アプリ上の地図画面に猫のいる位置を表示する。

発信機の重さは約10g(1円玉10枚程度)と軽量で、猫が首に付けても負担にならない。一般的に位置検索で使用されるGPSは、衛星から電波をキャッチし広いエリアを捜索できるが、電池の消費量が多く数日間隔で充電が必要となる。

一方、Bluetoothを利用したねこもにの発信機の電池寿命は1年なので、充電のために取り外す必要がなく、いつ迷子になるか分からない猫に長く付けていられる。
Bluetoothは通信有効範囲が狭いが、室内飼いの猫は外に慣れておらず遠くまで行かないことが多いため、電池消費量の少ないBluetoothを採用した。

広い範囲の捜索には「もにとも」という機能を使用する。友人や家族とアプリを共有し、複数のiPhoneで発信機の電波を受信できる。広い範囲を手分けして探せるので、電波をキャッチできる確率が高まる。

発信機と専用アプリをペアリングするイメージ図。発信機に損害が生じた場合「ペット探偵による ねこ捜索サービス保険」によって交換が可能

ねこもに発信機6900円(税別)

ねこもに利用者になる理由

発信機は充電機能がないため1年で買い替えとなるが、リピートする飼い主が多い。
「ペット探偵によるねこ捜索サービス保険」が付帯していることも理由の一つだ。

ねこもにを使っても猫を見つけられない場合、通常料金では数万円かかるプロの捜索をねこもに利用者は無料で受けられる。

SNSを見ると「震災時に30時間行方不明になった経験があり購入」「猫が発信機を嫌がらず安心した」「車の下にいた猫を発見できた」といった声が挙がっている。

マイクロチップを猫の体に埋める方法もあるが抵抗のある飼い主もいる。ねこもには猫の体に負担をかけることなく対策が打てる。

脱走や災害など、万が一に備えたい飼い主の心情に寄り添ったサービスだ。

猫が発信機を付けた様子。チェック柄など計7種類の布製発信機ケースも販売。首輪に取り付けられる

Review
子どもに防犯グッズを持たせるのと同じように、飼い主はペットに何かあったとき、万全の体制で臨みたいと思う。ペットの家族化がさらに進むにつれ、万が一の事態に備えたサービスの需要が増えそうだ。
取材・文/水沼遥

<関連記事>

本記事は、1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事です。無料で閲覧いただけます。

HERSTORY REVIEW WEBでは、掲載が1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事をWEBにて無料公開しています。過去にご紹介した様々な企業様の取り組みや商品開発、女性トレンド、多様な女性ニーズの傾向などのバックナンバー記事を掲載しています。最新の女性マーケットやトレンド情報を知りたい方は、HERSTORY REVIEWをお申し込みください。

HERSTORY REVIEWを詳しく見る

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーをトレンドセットでお届け!!

2020年11月の女性消費者キーワード「脱コロナ奮起 塗り替え消費」

HERSTORY REVIEW vol.40(2020年11月号)

税込5,000円

今年もあと2ヵ月。見通しの立たない不安感から高まるコロナ経済復興への意識。全国265人男女へのアンケート調査から見えてきたのは、助け合い、励まし合う相互扶助を求める気持ち。また、"コロナで始まりコロナで終わらせたくない"といった自分を奮い立たせる動きから、来年までにポジティブな気持ちに塗り替えるような消費者インサイトが見られました。HERSTORY REVIEWをお申し込みいただくとセミナー&調査データが無料でついてきます!!ぜひご覧ください。

女性視点マーケティング&トレンドレポート 『HERSTORY REVIEW』

女性トレンドを掴むならこれ1冊あればOK!女性マーケット最新情報を毎月お届け

HERSTORY REVIEW 定期購読のご案内

月払い 税込5,000円/月 /
年間一括払い 税込54,000円/年

HERSTORY REVIEWがあれば、もう女性のトレンド情報を探し回る必要はありません! 毎月、女性消費者トレンドとマーケットの動きをお届けします。
女性たちのリアルライフを知ることはお客様視点に立つ第一歩。最新の女性消費行動を知るため、ニーズをつかんだ商品開発のため、また社内研修などにもご活用いただけます。

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。