【商品開発】電動ドライバー好きな子どもたち集まれ! ジェンダーレス DIY「ねじハピ」(2019年12月号)

女性マーケティング特集
2019 Vol.31
【商品開発】電動ドライバー好きな子どもたち集まれ! ジェンダーレス DIY「ねじハピ」(2019年12月号)
Company Data
ピープル株式会社
東京都中央区東日本橋2-15-5
VORT東日本橋
PHONE:03-3862-3735

女の子たちの趣味が多様化

玩具売り場では「女の子向け」「男の子向け」で、商品が分かれて売られているのが一般的。しかし、性別に限らず趣味嗜好が多様化しているのは大人たちだけではない。「かわいい」「キラキラ」ではないものが好きな女の子も増えてきているという。

その変化をつかんだ玩具メーカーが日本で初めて性別を問わない「ジェンダーレス DIY トイ」を発売。今回は、企画開発を担っているピープル株式会社事業部第二部 女児ホビー・ままごと課 プロジェクトマネージャー 上原麻里衣さんに商品開発の背景について取材した。
DIYに使うペイントローラーをモチーフにした「ねじハピ ペイントスタイル」では、ウォールポケットを作ったりノートブックにもアレンジができる

電動ドライバーがカッコいい!

女の子向け玩具の主流は、アクセサリー作りやおままごとあった。しかし2018年夏、プラスチック製の電動ドライバーを使って収納ボックスを作れる「ねじハピ スタンダードセット」を、業界初として女の子向けに発売。それまで、電動ドライバーなどを使う玩具は男の子向けとされていたが、そおに踏み切った理由を、上原さんは次のように話す。

「もともとDIY女子が増えているという流れがあったのですが、モニター調査結果からも女の子が『電動ドライバーがカッコいい!』と感じていることが分かりました。そこでちょっと実用的な玩具コンセプトで企画しました」。

発売後、女の子たちにとっても新鮮であったことはもちろんのこと、保護者などにも大変好評だった。この企画が成功したことで2019年夏、「ジェンダーレス DIY トイ」へと転換し「ねじハピエンジニアスタイル」を発売。ナット付きネジが新しく加わったことで、スタンダードセットよりも立体的で動きのあるロボット型小物入れなどが作れるようにバージョンアップされた。
ジェンダーレスDIYトイとして発売された「ねじハピ エンジニアスタイル」では、ナット付きネジを使って本格的なロボット型収納ボックスを作ることができる

「STEM」を意識した新シリーズ

エンジニアスタイルでは、ジェンダーレスを意識したことと合わせて世界的に注目されるSTEM(Science、Technology、Engineering、Mathematics)教育の要素も見られる。

「性別をあまり意識せず、『何かを作りたい』という欲求を満たせるような、新しい刺激を与えられるような玩具を目指しました。またSTEM「Engineering」を意識した商品名にしました。これまで、空間意識など立体的なものを作るということは、女の子は不得意だてされてきましたが、そういった分野に興味を持ち得意な女の子もいます。男女にこだわらず、クリエイティビティを発揮してほしいと考えています」と話す上原さん。

エンジニアスタイル購入の男女比は5:5。今後、第二弾、第三弾のジェンダーレス玩具の企画も考えているという。
Review
これまでの男の子向けや女の子向けという考え方から「クリエイティビティを刺激する」ための商品作りへ転換したように、価値観の変化に合った商品開発が今後、世の中に受け入れられるのはないだろうか。

本記事は、1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事です。無料で閲覧いただけます。

HERSTORY REVIEW WEBでは、掲載が1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事をWEBにて無料公開しています。過去にご紹介した様々な企業様の取り組みや商品開発、女性トレンド、多様な女性ニーズの傾向などのバックナンバー記事を掲載しています。最新の女性マーケットやトレンド情報を知りたい方は、HERSTORY REVIEWをお申し込みください。

HERSTORY REVIEWを詳しく見る

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーをトレンドセットでお届け!!

2021年2月の女性消費者キーワード「5大SNSを使い分ける女性たち LITFY『リトフィ』は生活必需ツール」

HERSTORY REVIEW vol.43(2021年2月号)

税込5,000円

コロナ禍を境に、明らかに「モノの価値から目に見えない情報が価値」の時代へと変わりました。
女性たちにとってSNSは、すでに生活必需ツールとして浸透しています。
今回は女性たちは5大SNSをどのように目的別に使い分けているのか、消費者とSNSの在り方に注目しました!

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

Related Articles

関連する記事

Related Keywords

関連するキーワード