【特集】子どもが一人で服選びにチャレンジ!ユニクロの「はじめてのコーディネート体験」(2017年7月号)

女性マーケティング特集
2017 Vol.2
【特集】子どもが一人で服選びにチャレンジ!ユニクロの「はじめてのコーディネート体験」(2017年7月号)
ワタシが主役の場に集う。「共演」企画が惹きつける

忙しい女性増加によって買物時間は効率化したい一方で、出かけるなら思い出時間にしたい。
「買う」は「体験」から「共演」へ。

UNIQLO

ユニクロの「はじめてのコーディネート体験」

小学生の娘を持つママから「すごーく素敵なユニクロの企画に行ってきました!」と子どもの写真付メールが届いた。聞けば、子どもが一人で洋服を選んでコーディネートして親に見せてくれる企画という。11歳の娘さんの笑顔もかわいいが、親のほうがずっとうれしそうだ。「店に行くと、親は子どもの見えないところで待っていてくださいとアナウンスされ、スタートします。名札シールを貼り、店員さんと子どもだけで売り場へ。子どもが選んだ洋服上下のコーディネートをかごに入れて試着室に行きます。最後に子ども自身が鏡の前でいろいろ着たりポーズをとったりしてベストな1着をチョイスするんです。そこで店員さんが写真をパチリ。その後親が呼ばれてお披露目です!子どもも一人でやったという自信や充実感が得られたようで楽しんでくれて大満足でしたー。ユニクロってすごいですよねー」と親も大興奮での報告だ。

実際にユニクロに出かけて体験したときにもらえるカード。全身写真、体験日、年齢や身長、感想が入り記念になる。

「で、洋服は買ったの?」と冷静に私。「買わなくてもいいらしいのですが、そこはやっぱり親の弱さ。かわいい娘がはじめて選んだコーディネート服ですよ、買いますよー。思い出です。ちなみに店内ではしっかり家族用の服もいろいろ買いました」とのこと。「さすがユニクロ」である。忙しい女性が多くなり、子ども自身も塾などにでかけるため平日は子どもとの接触時間が少ない。親にとっての買物時間は、同時に子どもとの接触時間を兼ねることが多い。その希少な思い出時間をどこでどんな風に過ごすかを考えて、親も行動する。せっかくならできるだけ自分たちが主役になって楽しめる企画を求める。

ユニクロはじめてのコーディネート体験。子どもだけで店内で洋服を選んでコーディネートし、試着室で一式を決めて親に披露!売場を活用した学芸発表会に近い。

ユニクロのサービス開始のきっかけをグローバルPRチームの今泉くるみさんに聞た。「ユニクロの考え方『LifeWear』のもと、服の力で子どもの成長にも貢献したい、という思いから始まりました。子どもの自立性を育む『服育』施策と位置づけています」とのこと。第一弾は春に限定的に行われたが、実施店舗105店舗の予約はすぐに埋まった。第2弾は夏に予定している。ママたちのクチコミによると、今か今かとサイト更新を待っている様子だ。

「LifeWear」という考え方のもと、子どもの自立を育む服育

「子ども自身で服を選ぶことが子どもにとって楽しいことだと実感した」「コーディネートを披露してくれるときの、子どもの少し成長したうれしそうな顔が印象的」という親の感想は多い。子ども、親、祖父母の三者が喜び店も感謝される。そんなお客様と店が「共演」できる企画はこれからもどんどん支持されると感じる。

株式会社ユニクロ​

(本社)山口県山口市佐山717番地1
ユニクロSITE:https://www.uniqlo.com/jp/

Review

「共演」とは、お客様を主役にした企画をいう。イベントなどの参加型、体験型をより進化させ、お客様自身も売場に積極的に関わり、主体的に参画し、購買意欲を向上させる売り方。「大手だから」できているのではなく、「大手だって」の取り組みとして参考にしたい。人気の店は人気になるべくしてなる取り組みがある。リアルな店舗ならではの売場を使った楽しい買物スタイルは、女性客にこれからさらに求められていくだろう。

文/日野佳恵子 企画/加藤沙貴子

関連記事:特集「共演」

女性視点マーケティング&トレンドレポート 『HERSTORY REVIEW』

女性トレンドを掴むならこれ1冊あればOK!女性マーケット最新情報を毎月お届け

HERSTORY REVIEW 定期購読のご案内

月払い 税込5,000円/月 /
年間一括払い 税込54,000円/年

HERSTORY REVIEWがあれば、もう女性のトレンド情報を探し回る必要はありません! 毎月、女性消費者トレンドとマーケットの動きをお届けします。
女性たちのリアルライフを知ることはお客様視点に立つ第一歩。最新の女性消費行動を知るため、ニーズをつかんだ商品開発のため、また社内研修などにもご活用いただけます。

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーを3大セットでお届け!!

2020年9月の女性消費者キーワード 「気にかけ合う身近消費」

HERSTORY REVIEW vol.38(2020年9月号)

税込5,000円

緊急事態宣言が明けてからの人々の日常活動の復活によって、再び、感染者増加。 秋から冬にかけては年中行事やイベント事も多い季節となります。感染防止行動の中、季節感を取り入れた消費喚起ができるのか。秋の消費傾向をレポートにまとめました。今月号からHERSTORY REVIEWをお申し込みいただくとセミナー&調査データが無料でついてきます!!ぜひご覧ください。

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。