【特集】 Webスキルを習得した主婦と企業をつなぐ(2019年4月号)

女性マーケティング特集
2019 Vol.23
【特集】 Webスキルを習得した主婦と企業をつなぐ(2019年4月号)

【Feature】 女性の仕事継続は環境重視

2018年、女性(15~64歳)の就業率が初めて7割に達し、女性が働くことは当たり前の時代になった。さらに、下図の2つの調査では、上昇志向が高まっていることがわかる。
しかし、女性は結婚や出産など、人生の転機で働き方を見直すタイミングが来る。ライフスタイルによって働き方はさまざまで、「仕事と子育てを両立できるか?」「自分らしい生き方とは何か?」という不安や疑問が浮かぶ。そうした女性一人一人が自分らしい働き方を実現できる環境を考え、選択する力を身につけられるようにサポートするビジネスが生まれている。各社の取り組みを取材した。

取材・文/長濱有莉、水沼遥、岡崎彩子

ビジネスシーンで女性が必要な環境づくり 4つのポイント

1. 「理想の自分の姿」をビジュアル化する
2. 「なんとなく不安なこと」を言語化する
3. 自分の気持ちを周囲に伝える能力を習得
4. ロールモデルと話す機会を設ける

株式会社ビースタイル

主婦・ママたちのWeb業界での社会復帰とキャリアアップ

結婚や出産を機に仕事を辞めた後、社会復帰をするには勇気がいると話す女性は多い。主婦になる前、年収1000万円を稼いでいた営業職経験を持つ女性でも、ブランクがあると電話やメールをすることが怖くなり社会から遠のいてしまうことがある。主婦がキャリア復帰することは困難なのか。主婦に特化した人材サービスしゅふJOBを運営する株式会社ビースタイルと、デジタルコンテンツの人材養成スクールデジタルハリウッドが共同開催する就職イベントを取材した。
デジタルハリウッドには「Webデザイナー専攻主婦・ママクラス」があり、7か月間でスマホサイトから大型Webサイト、Web広告まで幅広いスキルを身に付けられるカリキュラムがある(授業料53万円 税別)。家事や子育てと両立しながら、未経験からWeb知識の取得を目指す。学校に通えないときは動画教材を使って自宅学習ができ、また学校にキッズルームが併設されているため子どもを気兼ねなく連れていけるなど、主婦やママにとって授業を受けやすい体制が整っている。
ビースタイルが運営する求人媒体でWeb知識のある主婦を紹介してほしいという依頼が、2012年1月と比較し2016年6月に約6倍増加。しかしWeb知識を持つ登録主婦が当時少なく、またデジタルハリウッド側は受講生の就職先の幅を広げたかったためタッグを組んだ。
デジタルハリウッドでWebスキルを身に付けた卒業間近の主婦とビースタイルに登録している企業とのマッチングイベント「主婦・ママ卒業制作展」は、主婦がこれまでに取り組んできた作品を展示し、企業の採用担当者が自由に見て回れ、気になる作品があればその場で直接主婦と話ができるというもの。
1. 主婦たちの作品が展示されている様子。ポートフォリオも用意されており、制作期間やデザインの意図などが詳しく説明されている。
2. 企業がポートフォリオと照らし合わせながら作品を見て回っている様子。作品を一通り見た後、多くの企業が気になる主婦に直接話しかけていた。 
2016年から毎年開催する人気イベントで2018年度は企業からのオファー率100%、マッチング(内定)率63.6%、と参加した主婦の半数以上がこのイベントを通じて就業している。

主婦が求める理想の働き方は、家事と子育てを両立できる在宅勤務

ビースタイルが2018年7月に調査した「主婦が望む勤務場所」では、1位「在宅勤務」、2位「通勤時間30分以内」、3位「通勤時間15分以内」となっている(図4)。
4. 2018年7月調査 しゅふ JOB総研『望む勤務場所』在宅勤務61.0%、通勤時間30分以内での勤務52.2%、通勤時間15分以内39.0%と続く
また、「在宅勤務が可能な仕事数の印象」について聞いたところ、94.3%の主婦が「少ない・どちらかというと少ない」と回答(図5)。
5. 2018年7月調査 しゅふJOB総研『望む勤務場所』在宅勤務可能な仕事の数の印象について。94.3%が少ない・どちらかというと少ないと回答
短いブランクで復帰したくても、主婦業と両立しやすい在宅勤務での働き方ができないことでブランクの期間が延びてしまっている。Web業界の勤務スタイルは、PCやタブレット端末等の活用により場所や時間にとらわれないリモートワークが可能な場合が多い。また、経験ではなく成果(スキル)を証明すれば就職しやすく、実務経験がない人材も採用対象になりやすい。
現在、Web人材採用を希望する9割の企業が採用に苦戦しており、ある程度学習したスキルがあれば採用後に育てる意欲を持っている(図7)。
6. Web実務経験はないが、学習者は採用対象になりうるか。約79%の企業が採用対象として検討していると回答。主婦ママWeb業界白書2017 デジタルハリウッドSTUDIO渋谷・新宿/株式会社ビースタイル2017年4月発行
よって新卒学生を採用するより、ブランクがあったとしても婚前に持っていたスキルや主婦として培ってきたコミュニケーション能力などがプラスアルファのスキルとなり主婦を採用したいと考える企業が多い。

学習意欲の高い主婦たちとそれを評価する企業

2019年2月21日に行われた卒業制作展に編集部も参加した。参加主婦は10名、企業はおよそ40社、また多くのメディア関係者も来ており盛況の様子がうかがえた。会場のキッズスペースで参加者の子どもをベビーシッターが面倒をみている様子もあった。
参加主婦のコバヤシさん(40代)は中学生の子どもを2人もつママで、5年ほどブランクがある。「まったくの未経験から入学しました。家庭と両立できるフリーランスに憧れています。授業では企業から実際に課題をもらい実践的な制作経験を積んだことで自信になりました。40歳を過ぎているので、できるだけ多くのチャンスを得ようと卒業展に参加しています」と話す。
同じく主婦のナガオさん(40代)は、幼い3人の子ども(2歳、年長、小2)を持つママ。夫の転勤をきっかけに退職をし、その後パートタイムをしたがデジタルハリウッドに通うために辞めたという。「動画を活用しながら自宅でも学習し、子どもが寝た後に制作作業を進めていました。実際にフリーランスの方がどんな働き方をしているのかを学べる機会もあり参考になりました」と話してくれた。忙しい子育てや家事をこなしながらも、新しいことに果敢に挑戦したいという強い意志を感じた。
EC事業部を立ち上げたファッション関係の参加企業は「勉強をして復帰をしようと意欲の高い方たちだと感じた。家事や子育てが忙しくても働きたいという強い想いに引かれます。リモートワークも検討中です」と語る。フィンテック業界の企業は「主婦は子育てや家事をこなしているので、時間の使い方が上手いと思います。短時間で効率的な仕事を期待します」と話す。主婦は忙しい家事や育児をこなしていることから、業務遂行スキルが評価される傾向にあることが分かった。
参加主婦と企業が話をしている場面。企業はどんな経歴を持った主婦が参加するのかを事前に知ることができるため、自社の業界に理解がありそうな主婦をターゲットに声をかけている企業もいた。
今後、ブランクを持つ主婦が働きやすい社会にするには、在宅勤務が可能な職種の知識を取得できる教育現場を身近に提供し、学んだことを生かせる仕事を紹介する流れまで作ることで、社会復帰をしたい主婦たちの望みをもっと叶えられるのではないだろうか。

Key Point

1.家事や子育てと両立しながら学べる教育現場
2.実践的な学びが復帰後の自信につながる
3.学んだ知識を生かせる仕事とのマッチングサービス
4.知識を取得した主婦が増えることで働き方の柔軟性を企業側が考えるようになる
Company Data

株式会社ビースタイル
東京都新宿区新宿4-3-17 FORECAST新宿SOUTH 5F・7F
PHONE:03-5363-4400
SITE:https://www.bstylegroup.co.jp/

<関連記事>

女性視点マーケティング&トレンドレポート 『HERSTORY REVIEW』

女性トレンドを掴むならこれ1冊あればOK!女性マーケット最新情報を毎月お届け

HERSTORY REVIEW 定期購読のご案内

月払い 税込5,000円/月 /
年間一括払い 税込54,000円/年

HERSTORY REVIEWがあれば、もう女性のトレンド情報を探し回る必要はありません! 毎月、女性消費者トレンドとマーケットの動きをお届けします。
女性たちのリアルライフを知ることはお客様視点に立つ第一歩。最新の女性消費行動を知るため、ニーズをつかんだ商品開発のため、また社内研修などにもご活用いただけます。

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーを3大セットでお届け!!

2020年9月の女性消費者キーワード 「気にかけ合う身近消費」

HERSTORY REVIEW vol.38(2020年9月号)

税込5,000円

緊急事態宣言が明けてからの人々の日常活動の復活によって、再び、感染者増加。 秋から冬にかけては年中行事やイベント事も多い季節となります。感染防止行動の中、季節感を取り入れた消費喚起ができるのか。秋の消費傾向をレポートにまとめました。今月号からHERSTORY REVIEWをお申し込みいただくとセミナー&調査データが無料でついてきます!!ぜひご覧ください。

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。