【STAFF ROOM】アンノン族の聖地 清里・萌木の村を 体験取材!(2019年5月号)

編集部レポート
2019 Vol.24
【STAFF ROOM】アンノン族の聖地 清里・萌木の村を 体験取材!(2019年5月号)
HERSTORYREVIEWの女性編集チームが見つけた商品や経験した出来事を紹介するコーナーです。リアルな女性陣の声をレポートします!

アンノン族の聖地 清里・萌木の村を 体験取材!

 特集(P6)にある萌木の村に編集部で行っ てきました。新宿から電車で2時間半、最寄りである清里駅に降り立つと、背後にそびえ立つ雪の残る八ヶ岳に圧倒されました。反対側には富士山も見えます。 そうしたきれいな遠景の一方、駅前はまさ に夢のあと。廃墟と化したメルヘンチックな建物が並びます。  
ところが、10分ほど歩いて萌木の村に到着すると、駐車場はいっぱい。村内を散策しているのは、若い女性のグループやカップル、3世代ファミリーなど実にさまざま。みなさんのお目当ての1つは、萌木の村にある レストラン・ROCK。ここで、代表の舩木上次さんとお会いしました。

舩木さん(写真中央)と編集部スタッフ。
背後の建物は40 年続くホテル「ハット・ウォールデン」

毎日着ているというスーパーマンのTシャツで現れた舩木さん。「清里以外でビジネスをやろうと思ったことはない」と語り、お話の端々から地元への愛を感じます。舩木さんの軽妙なトークに引き込まれつつ、編集部がいただいたのは名物のビーフカレー。お土産にレトルトを買い込むほどのおいしさでした。昼食後にはバー やオルゴール博物館など村内の施設を見学 し、「本物」への徹底的なこだわりを感じました。
衰退してしまった清里で生き残り、本物 志向と地元の資産を活用する姿勢でむしろ成長している萌木の村。そのこだわりにファ ンは共感し、集まるのかもしれません。 (編集部/長濱)

レストラン「ROCK」のビーフカレー

あまりのおいしさ にぺろりと完食!

本記事は、1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事です。無料で閲覧いただけます。

HERSTORY REVIEW WEBでは、掲載が1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事をWEBにて無料公開しています。過去にご紹介した様々な企業様の取り組みや商品開発、女性トレンド、多様な女性ニーズの傾向などのバックナンバー記事を掲載しています。最新の女性マーケットやトレンド情報を知りたい方は、HERSTORY REVIEWをお申し込みください。

HERSTORY REVIEWを詳しく見る

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーをトレンドセットでお届け!!

2020年11月の女性消費者キーワード「脱コロナ奮起 塗り替え消費」

HERSTORY REVIEW vol.40(2020年11月号)

税込5,000円

今年もあと2ヵ月。見通しの立たない不安感から高まるコロナ経済復興への意識。全国265人男女へのアンケート調査から見えてきたのは、助け合い、励まし合う相互扶助を求める気持ち。また、"コロナで始まりコロナで終わらせたくない"といった自分を奮い立たせる動きから、来年までにポジティブな気持ちに塗り替えるような消費者インサイトが見られました。HERSTORY REVIEWをお申し込みいただくとセミナー&調査データが無料でついてきます!!ぜひご覧ください。

女性視点マーケティング&トレンドレポート 『HERSTORY REVIEW』

女性トレンドを掴むならこれ1冊あればOK!女性マーケット最新情報を毎月お届け

HERSTORY REVIEW 定期購読のご案内

月払い 税込5,000円/月 /
年間一括払い 税込54,000円/年

HERSTORY REVIEWがあれば、もう女性のトレンド情報を探し回る必要はありません! 毎月、女性消費者トレンドとマーケットの動きをお届けします。
女性たちのリアルライフを知ることはお客様視点に立つ第一歩。最新の女性消費行動を知るため、ニーズをつかんだ商品開発のため、また社内研修などにもご活用いただけます。

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

Related Articles

関連する記事

Related Keywords

関連するキーワード