【STAFF PICKS】ふんわり暖かく包み込んでくれる USB給電式の電気ショールブランケット…etc.(2021年1月号)

編集部レポート
2017 Vol.6
【STAFF PICKS】ふんわり暖かく包み込んでくれる USB給電式の電気ショールブランケット…etc.(2021年1月号)
編集部がちまたのネタ・ニュースリリースを読み込み、女性に広がってほしい商品やサービスを発掘・ご紹介します。

ふんわり暖かく包み込んでくれる USB給電式の電気ショールブランケット

「わたしの気分が1℃上がる。心と体あたためハッピー・幸せほかほかライフ」をコンセプトにした女性向けの電気毛布。ショールタイプのため、外出時に羽織ったり、冷える足元に掛けたりと活躍してくれる。生地には天然素材のウールを含んでいるため、暖かい。手洗い可能で清潔な状態を保つことができるのもうれしい。
また、機能面では、電源・温度調節ボタンの操作で「強」と「弱」2段階の暖かさに変えられる。運転開始後、1時間経過すると自動的に停止するため、うっかり電源を切り忘れても安心だ。
USB給電式だからパソコンなどにつないで使用ができるため、仕事中などの冷え対策に最適な商品。

USBショールブランケット(KDH-0501U)

オープン価格
(小泉成器・0570-07-5555)https://www.koizumiseiki.jp/

【選考者の目】
シンプルなデザインのため、TPOやコーディネートを選ばず使えるのがよい。
寒い季節や、冷房が効いた部屋で日常的に使いたくなる。
左右に付いたポケットは、小物を入れたり、手を温めたりと使用できて便利だ。

美容と健康のために取る! 女性にうれしい成分の植物性プロテイン

大豆とそら豆を主原料とした良質なタンパク質が取れるプロテイン。筋力アップではなく、美容と健康へのアプローチに特化して作られている。女性に多い冷えに応えるため、巡りをサポートするウコン末や田七人参などを配合。モリンガ葉、マカ、クコの実など7種のスーパーフードと、88種の植物発酵エキスも加えられているため、普段の食生活だけでは不足しがちな栄養素を補うこともできる。
また、脂質が少ないのも特徴で、間食や寝る前に飲んでもカロリーが気にならない。大豆由来の食物繊維がゆっくりと消化吸収されるので、腹持ちが良くおきかえダイエットにもおすすめだ。

ソイプロビューティ

3500円(税別・ハリウッド)
https://hollywood-jp.com/

【選考者の目】
癖のないきなこ風味なので、水に溶かしておいしく飲め、毎日の習慣に取り入れやすい。
水を牛乳や豆乳に代えてラテ風にしたり、アイスクリームにかけたりアレンジすることができるので飽きずに続けられそう。
掲載費無料!
女性、ファミリー向け商品・サービス・イベント情報をお寄せください
review.info@herstory.co.jp(担当:三沢)
※頂いた情報は全て採用されるわけではありません。ご了承ください。

本記事は、1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事です。無料で閲覧いただけます。

HERSTORY REVIEW WEBでは、掲載が1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事をWEBにて無料公開しています。過去にご紹介した様々な企業様の取り組みや商品開発、女性トレンド、多様な女性ニーズの傾向などのバックナンバー記事を掲載しています。最新の女性マーケットやトレンド情報を知りたい方は、HERSTORY REVIEWをお申し込みください。

HERSTORY REVIEWを詳しく見る

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーをトレンドセットでお届け!!

2021年2月の女性消費者キーワード「5大SNSを使い分ける女性たち LITFY『リトフィ』は生活必需ツール」

HERSTORY REVIEW vol.43(2021年2月号)

税込5,000円

コロナ禍を境に、明らかに「モノの価値から目に見えない情報が価値」の時代へと変わりました。
女性たちにとってSNSは、すでに生活必需ツールとして浸透しています。
今回は女性たちは5大SNSをどのように目的別に使い分けているのか、消費者とSNSの在り方に注目しました!

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

Related Articles

関連する記事

Related Keywords

関連するキーワード