【気になる記事データ】事負担の偏りで、 非正規の仕事を選ぶ 女性が増えている(2019年5月号)

編集部レポート
2019 Vol.24
【気になる記事データ】事負担の偏りで、 非正規の仕事を選ぶ 女性が増えている(2019年5月号)

家事負担の偏りで、 非正規の仕事を選ぶ 女性が増えている

 総務省がまとめた労働力調査によると、 役員を除く雇用者の2018年平均は5596万人と、前年に比べ136万人の増加となった。 このうち正規の職員・従業員は3476万人と 53万人の増加となった。一方、非正規の職 員・従業員は2120万人と84万人の増加と なった。  
 男女別にみると、男性は正規の職員・従業 員が2339万人( 29万人増)、非正規の職員・ 従業員が669万人( 22万人増)。女性は正規の職員・従業員が1137万人( 23万人増)、非 正規の職員・従業員が1451万人( 62万人増) となった。

参考 総務省 労働力調査

 2017年には共働き世帯が1219万世帯と、1980年以降で初めて専業主婦世帯の2倍を超えた。働く女性が増えたためだが、女性は非正規社員が1451万人と男性の2倍強に達 する。共働き世帯で男性が正規、女性が非正規の形が続く要因の一つは、日本では家事の負担が女性に偏っていることにある。
このページで紹介したグラフは、HERSTORY が運営する
「女性のあした研究所」に掲載しています。

本記事は、1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事です。無料で閲覧いただけます。

HERSTORY REVIEW WEBでは、掲載が1年を過ぎた「HERSTORY REVIEW」のバックナンバー記事をWEBにて無料公開しています。過去にご紹介した様々な企業様の取り組みや商品開発、女性トレンド、多様な女性ニーズの傾向などのバックナンバー記事を掲載しています。最新の女性マーケットやトレンド情報を知りたい方は、HERSTORY REVIEWをお申し込みください。

HERSTORY REVIEWを詳しく見る

女性消費者動向を掴む最新トレンドレポート&セミナーをトレンドセットでお届け!!

2020年11月の女性消費者キーワード「脱コロナ奮起 塗り替え消費」

HERSTORY REVIEW vol.40(2020年11月号)

税込5,000円

今年もあと2ヵ月。見通しの立たない不安感から高まるコロナ経済復興への意識。全国265人男女へのアンケート調査から見えてきたのは、助け合い、励まし合う相互扶助を求める気持ち。また、"コロナで始まりコロナで終わらせたくない"といった自分を奮い立たせる動きから、来年までにポジティブな気持ちに塗り替えるような消費者インサイトが見られました。HERSTORY REVIEWをお申し込みいただくとセミナー&調査データが無料でついてきます!!ぜひご覧ください。

女性視点マーケティング&トレンドレポート 『HERSTORY REVIEW』

女性トレンドを掴むならこれ1冊あればOK!女性マーケット最新情報を毎月お届け

HERSTORY REVIEW 定期購読のご案内

月払い 税込5,000円/月 /
年間一括払い 税込54,000円/年

HERSTORY REVIEWがあれば、もう女性のトレンド情報を探し回る必要はありません! 毎月、女性消費者トレンドとマーケットの動きをお届けします。
女性たちのリアルライフを知ることはお客様視点に立つ第一歩。最新の女性消費行動を知るため、ニーズをつかんだ商品開発のため、また社内研修などにもご活用いただけます。

女性視点マーケティングで企業課題を解決

あなたは女性のこと、ちゃんと知っていますか?

株式会社ハー・ストーリィ

女性客のニーズが掴めない、女性客離れに危機感を感じている、女性客に向けた販促がうまくいかないなどお困りではありませんか?女性は、世帯消費の8割を握る消費リーダーです。
HERSTORYでは、女ゴコロを掴む「女性視点マーケティング®」の導入・支援により企業様の課題解決をお手伝いしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

Related Articles

関連する記事

Related Keywords

関連するキーワード